特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

ブログについて ブログ運営

WordPressでブログを開設して3ヵ月。初心者のぼくがいま思うこと。

投稿日:2018-09-15 更新日:

ブログをはじめて3ヵ月。

いわみ(@iwamishinji)です。

ブログをはじめて3ヵ月経ちました。

働きながらだとあまり数は書けませんが、少しずつ成長しているという実感はあります。アクセスもちょっとずつ増えてきました。(ちなみに記事数は90日で約40本でした)

ここまでそれなりに真剣にブログを書いてみて、気づいたことや思ったことを書いてみます。

まだまだブログ初心者のですが、3ヵ月目の人しか見えていない景色があるかもしれないし、もしかしたら誰かの役に立つようなこともあるかもしれません。(ないかもしれないけどね)

 

ブログの形式が身についた

 

たとえば基本的な構成は

タイトル→導入文→(見出し+本文)→(見出し+本文)→(見出し+本文)→まとめ

にするとよい、とか。

テーマやキーワードを設定してそれについて書くとよい、とか。

ブログにも形式(セオリー)があります。

 

音楽でいうなら、イントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→

空手でいうなら「型」のようなものですね。

ぼくは形式というやつがあまり好きではないのですが、ブログを定期的に更新することをクリアするために、だまされたと思ってこの形式を取り入れてみました。

すると思っていた以上の効果が現れたのです。

 

形式どおりに書くことのメリット

 

音楽でも空手でも同じことですが、形式というのはただ従うものではなく、基準として発展させていくものです。

形式どおりにすることによって生じるメリットがあるから使うだけで、囚われる必要はないのです。

メリットは大きく2つあります。

 

1. 書く時間が短縮できる

 

ブログの場合、まったく白紙の状態で頭から1000文字なり2000文字なりを書くのはそれなりにしんどい作業ですよね。

それを形式に則って、見出しや大まかな構成を先に決めておくと、そのあと書き進めるのが(少し)楽になることが分かりました。

重要なのは、しんどい思いをして書いた文章も楽をして書いた文章も(もちろんそれなりに大変ではありますが)「伝えたいことを伝える」という役割においては、ふたつの文章に大きな差は出ないのです。

むしろ形式に従って書いたものの方が、読者からすればなじみがある分読みやすかったりします。

 

2. 読みやすくなる

 

いろんなブログを読んでいるとわかりますが、大抵のブログやネット記事は

タイトルがあって、アイキャッチ画像が、あって導入文があって本文に続く…というように形式に則って書かれています。

ぼくら読者はその形式に慣れているので、最初に読み始めるときのハードルをさげることができます。

 

想像してみてください。

キャッチ―な題名と分かりやすいアイキャッチ画像があって、こちらに話しかけるような導入文から始まるブログと

「今日はミータの機嫌がよくなかった。昼ごはんはカレーを食べた。」と延々と改行もなく進んでいくブログと

あなたはどちらを読みたいですか?

ぼくは前者ですね。(ミータって誰だよ。猫?ちょっと気になるけど)

 

形式通りに書く必要はない

 

基本というのは「まずはこんなふうにやってみるといいよ」という、初心者にもわかりやすく要点だけ取り出した入門書みたいなものです。

「この通りにやらなければならない」ものではありません。

結局、ブログなんて自分の好きなように書けばいいと思います。

ただ、好きなように書くだけで長期で定期的に更新ができるならいいのですが、それだとけっこう限界がきます。

そこで形式。「決まりごと」をつくることによって、続けることが楽になるんですね。

 

つまり、「決まりごと」とはあなたを縛りつける頭の固い教師ではなく、ゆるやかな「とりあえず迷ったらこう行くといいよ」ルートをつくってくれた優しく寛大なアニキだったのです。

ちょっと何言ってるのかよくわからなくなってきました。

 

まとめ

 

  • ブログの書き方に決まりごと(形式)がある
  • 形式どおりに書くことで時間の短縮ができる
  • 読者にとっての最初のハードルも下げることもできる
  • 「決まりごと」は絶対ではなく、「まずはこうするといい」というガイドのようなもの
  • 最終的には好きなように書けばよい

こんなところですね。

おわります。

関連記事:共感される文章を書くのに必要な3つのこと

関連記事:出だしがキモ!文章の「書き出し」がスムーズにいくコツ

-ブログについて, ブログ運営

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.