特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

ブログについて 継続

「ブログを書くモチベーション」を上げる、たった一つの方法。

投稿日:2018-12-24 更新日:

このページには「ブログを書くモチベーションを効果的に上げるアイデア」が書かれています。

  • 最近ブログを書くモチベーションが下がっていて、更新が減ってしまった
  • 作業時間は確保できているのに、新規記事が書けなくなっている
  • ブログに書きたいこと(ネタ)はある
  • なのに書けない!

という人の参考になると思います。

 

「ブログを書くモチベーション」を上げる方法

書けるか? お前まだブログ書けるか!?

 

「ブログのスランプ状態」を脱するのに使える方法を紹介します。

モチベーションを取り戻す方法。

それは書くのが簡単な記事をとりあえず書いてしまうことです。

 

ぼくは実際このやり方で「毎月10~15記事を半年間」を書くことができました。

(たいした量ではないですが、継続できていることは確かです)

 

簡単な記事とは?

「簡単な記事」とはなるべく労力をかけずに書ける記事。

下調べもいらない、短い時間で書ける記事。どんな内容でも構いません。文字数だって1000文字以下でOKです。

実は今書いているこの記事は、ぼくにとって「書くのが楽な」記事です。

 

下書きには手を付けない

ちょっと苦しくなるとすぐに開けそうになっちゃう。

 

書けないときって、ブログの下書きが貯まりがちになります。(ぼくの場合)

「思いついたネタを書きとめておいて、後で膨らまそう」と、ワードプレスの下書き画面にストックしておきます。

でも、スランプ状態のときって、下書きから膨らまないんですよね。気分が乗らないから。

スランプ時は下書きのことは忘れた方が結局早く復帰できます。

気が乗らないときには「途中まで出来たものを展開させていくこと」が逆に負荷になったりもします。

下書きを完成させていくのが楽なのは、「頭はノッているけど体が疲れているとき」です。

スランプ状態は「頭がノッてないとき」です。だからそんなときにいくら下書きに頼っても逆効果ということになります。

「今思いついたもの」をとりあえず文章にするほうが実は楽なんです。

 

「ネタ切れ」はモチベーションと関係ない

サウナスーツ着て10km走ったけど、何にも思い浮かばなかった…

 

どこかで「ネタを常にストックしておくと良い」みたいな記事を読んだことがあります。

でもぼくは、ストックネタの量とブログを書くモチベーションは関係ないと思っています。


なぜなら、いくらネタがたくさんあっても、書けないときは書けないから。

逆に言うと、気分が「ノッて」いるときは、仮にストックネタが1つもなくても「ふと思ったこと」を展開して、ブログに書くことができます。

実はぼくが目指しているところはそれに近くて、「瞬間的に感じたことをブログ記事に展開」できるように自分を訓練しています。

必要なことはネタのストックではなく、メソッド(方法)とモチベーション(意欲)だと思います。

 

「フロー状態」と「スランプ状態」を使い分ける

それなりの期間(半年や1年)ブログ更新を続けてこられた人には身に覚えがあると思いますが、「ブログを書くモチベーション」には波があるんですよね。

ある時期にはスラスラ書けるけど、ある時期にはぜんぜん書けない。それの繰り返し。

特にブログに慣れ始めた頃は「繰り返す波をいかに乗り越えていくか」が、けっこう課題になる気がしています。(ぼくはそうでした)

つまり、

  • 波にノッているとき(フロー状態)は、力を抜いて持続優先
  • ノッてないとき(スランプ状態)は、無理をせずにスランプ脱出を優先

そうやって、なるべく調子の波が一定になるように心がけると継続がしやすいと思います。

 

フロー状態とスランプ状態とは?

おれ、いま…浮いてる!

 

ブログを書くモチベーションにおける「フロー状態」と「スランプ状態」とはどういうことか? ぼくなりの考えを簡単に説明してみます。

フロー状態

書くことが楽しくって仕方がない。書きたいこともたくさんあるし、見出しの構成やアイキャッチ画像のイメージなんかもどんどん浮かんでくる。

何を差し置いてもブログを書きたい状態。そんなに長くは続かない。

スランプ状態

逆にぜんぜん書けなくなってしまう。やる気も出ないし、書くことにワクワクもしない。ネタはあるのに取りかかれない。PCの前に座っても別のことをやってしまう。(アナリティクスの確認やTwitterとかやっちゃう)

波のように繰り返す

ブログ更新を続けていると、『フロー状態』と『スランプ状態』は波のように定期的に繰り返しやってきます。これは誰にとっても平等なはずです。

大事なのは「いかにそれを淡々と乗りこなしていけるか」だと思っています。ブログに限らず、何事かを継続するときには必ず訪れる現象なのではないでしょうか。

つまり、(ブログでも何でも)何かを続けるためには、「モチベーションが下がっているとき(スランプ状態)をなるべく負担を少なく凌(しの)いで、早い目にフロー状態まで持っていける方法を自分で確立させておくといい、というのがぼくの考えです。

 

実は「この記事」こそが…

ブログを書けないときには、まず何でもいいから「今書けそうなもの、手間がかからないもの」から書きはじめるといいよ、という話でした。

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、これはまさにぼくが「今の状態を打破するために書かれた」記事です。

最近、どうもブログを書くのが後回しになっていたので、「なにかモチベーションを取り戻す方法はないかな?」と考えて思いついたのが、ここまで書いてきたことです。

結果スラスラと文章が出てきて、30分くらいで形にすることができました。

最初は1000文字も書けなくていいや、と書きはじめたけど結局今1200文字くらいです。(書き終わったら結局2700文字になっちゃいましたw)

書きはじめると文章って出てくるんですよね。「最初に書き出すまで」に時間がかかる。

 

結論。「書き出しに必要なパワー」を限界まで下げる

書き出すときに必要になるパワーを限界まで下げること。そのやり方を自分なりに模索し続けること。

これが結論ですね。

継続してブログを更新するためにもっとも有効な方法だと思います。

おわります。

 

【ブログを続けるコツ】半年アクセスなかったのに継続できた理由。

続きを見る

no image
才能は関係ない!ブログ更新を続けていると訪れる、3つの幸福なこと。

続きを見る

関連記事:ブログの更新頻度を増やす方法。

関連記事:6ヶ月目でPVが20しかないのに、ぼくがブログを続けられる理由。

-ブログについて, 継続

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.