ブログについて ブログを継続させるノウハウ

【ブログを続ける意味】平凡な人間こそブログを書くべき3つの理由。

投稿日:2018-10-18 更新日:

イノコちゃん
ブログを始めてみたけれど、ありふれた内容しか私には書けない…
やっぱりブログって特別な知識や才能を持った人だけが書くべきなのかな?
イノシシ君

  

半年くらい前までそう思って悩んでいたぼくですが、

ブログを続けていくうちに考えが変わりました。

 

むしろ平凡な人間こそブログを書くべき

今では心からそう思えるようになりました。

 

理由は3つあります。

 

ブログ人口の増加

この人たち、みんなブロガーだってさ。

 

ブログをはじめる人が増えています。

前回の記事で、現在のブログ人口は1000万人を下らない(定期的に更新しているユーザーでも100万~300万人くらいはいると思われる)ことが判明しました。(信憑性のあるデータが待たれるところです)

ぼくも自分でブログを書くようになって、他の方の記事も意識的に読むようにしています。感覚的に10代~40代くらいまで、幅広い世代でブログが浸透していると感じます。

Twitterでも、SEO対策やアクセス数アップのノウハウ、ブログ継続の心構えなどを投稿するアカウントは人気が出ます。

 

平凡な人間こそ発信するべき、3つ理由

 

「平凡でありふれた人物」が発信する意味なんてあるのだろうか?

自分では発信せず、人のコンテンツを消費するだけだった(いわゆるROM専)頃、ぼくはこんなふうに思っていました。

「自分には価値のあるものは書けない。だから発信しない方がいい」

「特別な知識を持った人や有名人だけがブログを書くべき」

 

でも、ふとしたキッカケで自分でブログを始めてから、発信することに対する意見が変わってきたのです。

 

関連記事:

どうしたらROM専(見てるだけの人)から「発信者」になれる?
ツイッターは見るだけ?ROM専(ロム専)から「発信者」になれる、5つのステップ。

続きを見る

  

今のぼくは胸を張ってこう主張します。


「ありふれた個人だからこそ、発信をするべき」

 

なぜそう思うようになったのか?

 

① 時代は特別な人を求めてはいない

才能から共感の時代へ

 

時代は変わっていきます。

例えばアイドルや芸能人。ぼくが子どもだった20~30年前までは「手の届かない憧れ」の存在が求められていました。

ハリウッドスターや洋楽のロックミュージシャンに心酔するとか。日本の芸能人も非現実的なイメージを持つ人が多かったと思います。

「憧れ」に求める要素も、時代と共に変化しています。

SMAPやダウンタウンは流れが変化してきた前兆だったのではないでしょうか。

「生活感のまったくない天才アーティスト」より、「親近感の持てるお笑い芸人」に人気が集まる理由は、身近にいる面白い人やカッコイイ人を好む人が増えたからです。

その傾向は最近ますます顕著だし、それはブログだって同じだと思うのです。

 

② より狭く、より深く(専門性と希少性)が求められる

狭く深い穴を掘ろう

 

不特定多数に受け入れられやすい内容より、「少数の人(自分だけでもいい)に深く刺さるコンテンツ」を人は求めています。

少数派のメディアの例をあげてみます。

人数大 → → → 人数小

テレビ → 本 → 特化サイト→ 個人ブログ

代替可能な文章は本当に誰にでも書けるようになってきました。ニュース記事やまとめ記事はそのうちAI(人工知能)が書けるようになると言われています。

そんな時代に人が求めるのは、人間にしか書けないものです。

「人間臭さ」を求めるとき、不完全であることは不利にはならないはずです。正確性よりも「書いた人間の個性が分かる文章」に価値があります。

個性は誰にでもあります。表現するのは難しいですが。

 

③ 検索結果にもっと個人の経験を

今の検索結果に満足していますか?

 

Googleの検索結果は「完璧」でしょうか?

あなたにとって本当に知りたいことや、面白いと思えるコンテンツが揃っていますか?

 

ぼくにはとてもそうは思えません。

もっと信用できる個人の意見や(商売抜きの)個人的な経験談を聞きたい。それを見て商品やサービスを選びたい。

ネットの検索結果に、個人的な感想や意見を求めている人は多いと思います。

 

平凡な個人の意見が最も参考になる

あなたやぼくのありふれた感想や意見も、この広い世界では誰かの役に立つことがあるのです。

完璧に比較されたレビュー記事はたくさんあるけれど、自分と似たような感性を持った人の率直な感想は、今のネットにはまだまだ足りていません。

自分と似ている(と思える)友達のような人の意見や感想こそが、これからのネットに求められているコンテンツだと思うのです。

 

まとめ

ありふれた線路沿いの風景

 

ありふれた個人が発信をするべき理由

  • 特別より「共感できる存在」が求められる時代
  • 友達のような「より身近な人」の意見で人は動くようになっている
  • 大勢に受け入れられやすいものより、少数に深く刺さるコンテンツを
  • ネットの検索結果にもっと個人の意見や感想が求められる

 

ぼくやあなたの「ありふれた意見」を誰かが待ち望んでいるかもしれないのです。

では、おわります。

いわみ(@iwamishinji)でした。

 

関連記事

日本のブログ人口は現在どのくらい?調べて推測してみたよ。

続きを見る

初心者ブログの共通点
初心者が思う「初心者ブログの共通点」

続きを見る

-ブログについて, ブログを継続させるノウハウ

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.