特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

子育て

子どもの睡眠時間に悩む!理想の時間って本当なの?

投稿日:2018-08-15 更新日:

子どもの睡眠時間に悩む!

 

子どもの睡眠時間について悩んでいる、いわみ(@iwamishinji)です。

睡眠というのは奥が深いもので、ただ長く寝れば疲れも取れてスッキリOK!というものではありません。

今回は「理想とされる子どもの睡眠時間は本当なのか?」ついて考えてみました。

 

子どもの睡眠

 

子どもは本当によく寝ます。

生まれたばかりの赤ちゃんは一日15時間以上、以降も2~3歳まで一日12時間は寝ます。

うちの子供(もうすぐ2歳)でいうと、夜に9~10時間、昼寝で2時間くらい寝るパターンが多いです。

それだけ伝えると理想的な睡眠だと思われるかもしれませんが、そこには数字だけでは伝わらない、さまざまな問題(?)があります。

 

数字以外で重要なことがある

 

年齢ごとに理想とされる睡眠時間などは、育児関連の専門的なページがたくさんあるので、ここでは特にふれません。

 

ただ、「○歳までは○○時間寝ることが必要」などの数字にとらわれ過ぎていると結構しんどくなるし睡眠時間なんて人それぞれ個人差があると思っています。

1歳でも10時間くらいしか寝ない子もいるみたいですし、5歳になっても12時間寝る子だっています。

 

ちなみに、ぼくは小学校入るくらいまでずっと12時間くらい寝る子どもだったそうです。(身長180cmまで伸びました)

 

子どもの睡眠について大切なこと

 

子どもの睡眠において、ぼくが時間よりも重要だと考えていることは、

  • 眠くなったらすぐ寝れる状態を確保してあげること(部屋を暗くしてうるさくしない)
  • 規則正しいリズム(早寝早起き)を習慣づける
  • 親の生活パターンが子どもに影響を与えることを自覚する

 

この3つです。

特に規則正しい睡眠を習慣づけるには親の努力が不可欠ですね。(ぼくもそこに悩んでいるわけですが)

 

できる範囲から

 

育児本などを読むと、「19時から7時の間で10時間以上寝るのが理想」みたいなことが書いてあります。

確かにそれができれば「理想的」だとは思いますが、現実的になかなか難しい家庭も多いのではないでしょうか?

共働きで核家族だと、保育園へお迎えに行って6時に帰宅してから夕飯の支度をして、なんて人も多いと思います。

それで19時に寝かしつけるのは不可能ですよね。

だったら就寝は22時であきらめて、朝ゆっくり寝かせてあげるとか、昼寝を多めにとるとかでもいいと思います。(昼寝以外で10時間が理想、とかの説もあるらしいですが)

 

なぜこんなに悩むのか?

赤ちゃんのときには睡眠時間なんて悩みません。

授乳期間中は1日の大半を寝て過ごします。夜もほとんど寝てるわけですが、乳児の場合は「夜どおし寝る」ことはありません。(胃が小さいから3時間おきくらいにミルクを求めて起きる)

 

だから、授乳期間中の親にとって大事なことは「自分の睡眠時間を確保すること」になります。

赤ちゃんは放っておいても寝てるんだから、その時期はこどもの睡眠時間なんて気になりません。

 

大事なのは自分の体力を回復させることです。

 

経験のある方にはわかると思いますが、断眠(寝てる途中で起こされること)は本当につらいです。

毎晩2~3時間おきに起こされるのは、人の精神を崩壊させるのに十分な効果があります。

 

眠らせない拷問」というのがあるそうです。
囚人を椅子に縛りつけて、眠くなったら水をかけたり電気ショックを与えたりして睡眠を妨害する、という世にも恐ろしい拷問です。
この拷問をされた人はだんだん精神的に崩壊していって、どんな口の堅い人でも秘密をしゃべってしまうそうですが、そりゃそうでしょうね。

現代の日本において拷問は禁止されていますが、授乳中の母親たちはみんなそれを味わっているわけです。

 

自分の赤ちゃんを訴える親はいませんけど。

 

それだけキツくても、「その時期の睡眠不足は避けられない」ことだと割り切って、みんな根性で乗り切っているのです。

 

コントロールできるようになったから悩む

 

授乳がおわると子どもは長時間寝てくれるようになります。

 

うちの場合は1歳で卒乳したとたんに10時間くらい連続で寝るようになりました

 

本来ならそこで「めでたしめでたし」なのですが、人間というのは欲深いもので(?)長く寝てくれるようになったらなったで、今度は「早寝早起き」を習慣づけようと苦戦することになるのです。

 

なぜ早寝早起き習慣をつけたがるかというと、もちろん子どものためです。

 

でも、もうひとつの大事な理由があって「自分の自由時間の確保するため」です(少なくともぼくの場合はそうです)

 

子どもが早く寝るために親ができることは

 

  • 早めに寝かしつけ始める(すぐに寝るとは限らない)
  • 朝寝坊させない(起こしても起きるとは限らない)
  • 昼寝の時間(眠くなるのは不可避だけど、起こすことはできる。叩き起こすのはダメだけど)

 

だいたいこの3点を続けていれば規則正しい睡眠リズムはつくのですが、簡単なことではありません。

 

寝るのが遅くなったら自分も朝はゆっくり寝たいし、無理に起こすとしばらく機嫌が悪くなるし。

 

まとめ

 

  • 子どもの睡眠時間は大切だけど、数字にとらわれ過ぎるとキツくなる。家庭の状況によって最善をつくすことが重要
  • 時間より大事なのは「規則正しい睡眠のリズムを作ってあげること」
  • 授乳期間は悩む余裕なんてない(自分の体力回復が第一)
  • 長く寝てくれるようになると、子どもの睡眠時間はある程度は親次第
  • コントロールできるようになるから悩む
  • ポイントは「早めの寝かしつけ」「早く起こす」「昼寝の時間」だが簡単にはいかない

 

うちはまだ子どもが1人だけど、これが2人になったらどうなるんだろう?と考えたら頭が痛くなってきましたw

 

おわります!

 

関連記事:子どもができて変わったこと。超現実的な理由から人は利他的になる。

 

-子育て

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.