子育て

【1~3歳】歯磨きイヤ!子供がはみがきを嫌がるときに使える5つの対処法

投稿日:2018-09-11 更新日:

いわみ(@iwamishinji)です。

この記事は、1~3歳のお子さんがいる人の参考になればと思い書きました。

 

子供の歯磨き、苦労していません?

 

ぼくは平日も大体7時には帰宅するので、息子(もうすぐ2歳)をお風呂に入れるのと、寝る前の歯磨きは大体毎日しています。

米粒くらいの大きさだった赤ちゃんの歯がだんだんと生えそろっていく、そんな成長を見ながら小さい歯ブラシで息子の歯磨きをするのは楽しい仕事ではあります。

 

が、

 

ここ最近、すげー歯磨き嫌がるようになりました、息子。

 

バタバタ動き回ってぜんぜん磨かせてくれないのです。

おもちゃで気をひこうとすると持ってどっか走って行っちゃうし、押さえつけて磨くとギャン泣きするし(やめるとすぐ泣き止む)、かといって磨かないと虫歯になるし…

子どもの歯磨き、マジで大変です。

 

子供が歯磨きを嫌がるときの5つの対処法

子どもの歯磨きをし始めて早6か月。試行錯誤していく中で「こうすると比較的おとなしく磨かせてくれるかな?」というやり方をいくつか発見したので、共有させてください。

 

1.仰向けで磨く

王道ですね。

仰向けに寝てもらって、口をアーンと大きく開けた状態で歯を磨くのがいちばん磨きやすいです。

素直に寝転がってくれれば、これがいちばん楽なんですが、なかなかそうはいきません。

まず寝ない。寝ても動き回ってうつぶせになっちゃう(それじゃ磨けない)

2.子ども椅子に座らせる

そこで椅子に座らせてみました。

食事をするときに使っている子ども用の椅子です。

テーブルがはめ込んである中にはまるようにして座るので動き回ることはできません。

拘束するわけじゃないけど、うちでは今のところ椅子に座って歯磨きするのがデフォルトです。

3.遊びながら

おもちゃで遊んでいるときは気をとられているので、そのスキにさっと磨く。

息子はぬいぐるみが好きなので、ぬいぐるみの歯を磨いた(フリを)りしながら、その隙になんとか磨いたり。

このやり方はけっこう忙しいし、うまくいかない確率もけっこう高いです。他の方法と併用するのがよさそうです。

4.テレビを見ながら

うちは普段はあまりテレビを見ないのですが、歯磨きをするときはテレビをつけてみました。

うまいこと画面に夢中になってくれればじっとしていてくれます。

ただ問題があって、夜って子どもが夢中になってくれるような番組はやってないんですよね。

「ニュース845」とか「趣味の園芸」とか、息子はまったく興味を示してくれません(当たり前か)。

DVDや録画で子ども番組を流す、という手もあるのですが、それだと番組が終わるまでテレビの前から離れてくれなくなります。これを毎日やるのは逆にちょっと大変ですね。

5.パペット最強説

このハックは妻が発見しました。

写真のような手にはめる用の犬のぬいぐるみ(パペット)に歯ブラシを持たせて磨いてみました。

するとどうでしょう。

ぜんぜん嫌がらないのです!ニコニコしながら磨かせてくれます。

難点があるとすれば指が疲れてつりそうになるところですかね。

5本のうち3本は犬の頭に収まっているので、親指と小指の2本で歯ブラシを操作しなくてはなりません。でもこれは慣れですね。

 

まとめ

 

歯磨きを嫌がる子ども(1~3歳)に使える方法を紹介してきました。

  • 仰向きに寝かせる
  • 椅子に座りながら
  • 遊びながら
  • テレビなどを見ながら
  • パペット召喚

息子は今のところパペットに夢中ですが、子どもというのはすぐに飽きる生き物です。

この手法がいつまで有効かは怪しいところです。

 

常に新たな方法を試しながら楽しくクリエイティブに子育てしていきたいですね。

 

おわります。

 

関連記事:【父親編】子育てサロンに行ってみて思ったこと。男性が行っても浮かなかった。

関連記事:子どもの睡眠時間に悩む!理想の時間って本当なの?

-子育て

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.