家族の理解

子育て

子どもができて大変なこと、よかったこと

投稿日:2018-10-09 更新日:

いわみ(@iwamishinji)です。

 

先日、妻が高校の授業に出ました。

 

授業に出た、といっても彼女は教師でもなければ生徒でもありません(30代女子です)

 

ぼくは知らなかったんですが、家庭科の授業で「実際に子育てしている親子と触れ合う」実習を取り入れている学校があるんですね。

それで2歳になる息子を連れて隣市にある公立高校の授業に参加することに。

 

授業では生徒さんたちから、たくさん質問を受けたそうです。

  • 出産の痛みはどのくらい?
  • パートナーと家事の分担をしている?
  • 育児ってお金はどのくらいかかるの(オムツやミルク)?

など。けっこう現実的な質問が多いですね。さすが今どきの高校生だなと思いました。

 

子どもができて大変なこと/よかったこと

 

高校生に改めて聞かれると、「子育てについて、自分は何が大変で何が楽しいと思っているか」を考えるいい機会になったと言います。

確かにそうですね。同じ子育て世代同士で話して共感するのもいいけど、普段まったく縁のない人たちと触れ合うのも、いい刺激になりそうです。

関連記事:【父親編】子育てサロンに行ってみて思ったこと。男性が行っても浮かなかった。

 

 

大変なこと

 

そこでぼくも勝手にバーチャル高校生たちにインタビューされた気持ちになって、回答してみました。

まずは大変になったこと。

 

自分の時間が大幅に減る

 

特に子どもが小さいうちは、自分の時間はほとんどなくなります。

平日の帰宅後や休日も、基本的には子どもの相手です。

だから、ブログを書いたり自分のやりたいことをする時間を確保するには、いろんな調整(役割分担や当番制)が必要になってきます。

ぼくは妻に頼んで、ブログを書くための時間をつくってもらっています。(妻に感謝!)

 

遊びに行けるところが限られる

 

ちいさい子どもを連れていると、独身のときには当たり前に行けていた、ほとんどの場所から縁遠くなります。

映画館、電車で都会に行って買い物、泊りの旅行、夏フェス。(書いてたら行きたくなりました)

 

 

外食するのに気合いが必要

 

子どもを連れての外食も大変です。

遊びと違って、食事は毎日のことなので尚更不便ですね。

子どもが店で騒いでゆっくり食べられないことを考えると「じゃあ家で食べるか」ってなりがち。

たまには焼肉とか行きたいですね。

 

良かったこと

 

大変なことばかり書きましたが、いいことだってたくさんあります。

子どもができなければ体験できないようなことも。

 

新しい世界を知れる

 

元々ぼくは興味の範囲がかなり限定されている人間です。音楽とか読書とかインターネットとか。

子どもがいなければ関わらなかったであろう世界に触れ合うことは増えます。

例えば絵本。1~3歳用の絵本って読んだことありますか?

幼児は文字も読めないしあまり長いと集中力が続かないので、飽きさせないようによく考えられています。

「子どもがどんな絵本を気に入るのか」というのも興味深い観察です。

 

他にも児童施設でいろんな親子連れがいるので観察してると(そんなにじっと見ているわけではないけど)いろんな発見があります。

「このパパは普段子どもとあまり接していないな」とかも感覚的にわかります。

顔見知りもできてちょこっと世間話をすることもあります。

子ども同士が遊びはじめたから、その子のママ(もちろん初対面)と子どもについて会話することもあります。

人見知りの強い、以前のぼくだったら考えられないことです。

 

未来志向になる

 

以前のブログにも書きましたが、子どもができて自分の人生を真面目に考えるようになりました。

自然と未来のことを考える機会も増えました。

関連記事:子どもがいると未来志向になる理由

 

精神的に鍛えられる

 

子どもがいると思い通りにいかないことがたくさんあります。

歯ブラシさせてくれない、食事中にスプーン投げる、理解できない理由で泣き叫ぶ、など

小さいこと(?)にいちいち腹を立てていたら身が持ちませんから、自然とスルーする力が身につきます。

ぼくはまだ未熟で、それでもイラつくときもありますけど。

 

かわいい

 

ありきたりですが、仕事から帰宅して家のドアを開けたとたんに、息子が笑顔でチャカチャカと走ってきて抱きついてくれる彼を抱き上げるとき、一日の疲れなんて吹っ飛んでしまうのです。

 

まとめ

 

子どもを育てるということはとても大変なことです。子どもができる前に考えていたよりずっと大変でした。

でも1人の生命を育てるのは素晴らしい経験です。

いろんな発見があるし、言葉にできないほどの幸福を感じられることもあります。

10対1(あるいは20対1)くらい大変さが多いけど、それを一発で帳消しにしてくれるくらいの幸福感があるのです。

 

おわります。

-子育て

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.