ライフスタイル

【ウェルスナビ】同条件・同期間で運用して結果に差がでるのはなぜ?

投稿日:2019-08-26 更新日:

いわみ
やあ、イノシシくん。

イノコちゃんに聞いたんだけど、ウェルスナビで資産運用してるんだって?

2年くらい前だね。戌年の夏に始めたんだ
イノシシ君
いわみ
イヌ年ね…それで結果はどう?
今のところ、ちょっとマイナスなんだ…

いわみ君はプラスなんでしょ?

イノシシ君
いわみ
ちょっとだけどね
運用期間は同じなのに、どうして差が出るんだろう?
イノシシ君

 

「ウェルスナビ 実績」で検索すると資産運用系のブログがたくさん出てきます。

いろんな人の運用結果を見ていると、同じ期間でもプラスになってたりマイナスになっている人がいます。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)で同じ時期から資産運用しているのに、結果に差がでるのはなぜなのか?

 

それについて考えてみました。

 

同じサービスなのに、結果に差が出る?

なんで? AIが投資先を決めて運用してるのに、人によってバラツキがでるなんておかしい!
イノシシ君

 

そう思いますよね。

同じアルゴリズムを使っているんだから、期間が一緒なら結果も同じになるはずです。

 

結果に差がでる理由は2つあると思います。

 

①「リスク許容度」の違い

 

Wealthnaviのロボアドバイザーで資産運用する場合、「リスク許容度」が5段階で選べます。

 

リスク許容度とは

リスク(運用の振れ幅)が「どのくらい大きくても大丈夫か」というレベルのことです。

レベルが大きくなると、利益だ出たときのプラスは大きくなるけど、同時に損失が出たときのマイナスも大きくなります。

 

レベル1は最も安全なプランで、大幅な利益が見込めませんが、その代わり大きく損をする可能性も下がります。(あくまで可能性)

ローリスク、ローリターンというやつです。

(基本的にWealthNaviはローリスク・ローリターンです。「リスク許容度」レベル1は、その中でもさらに浮き沈みの少ないプランと考えてください)

 

追加投資のタイミング

同じ条件なのに運用結果(資産の増減)に差がでる、もうひとつの理由は「追加投資のタイミングによる差」です。

  

積み立て日が選べる

 

積立投資をしている人は、毎月自分で決めた日(5パターンから選択)に自動で引き落とす設定ができます。

 

ウェルスナビのロボアドバイザーは、その時点で最も最適な運用先をアルゴリズムで割り出し、分散投資します。

米国株に30%、日欧株に30%、新興国株と米債券に15%、金と不動産に10%、のようにですね。例えばですが。

※イメージです (グラフはポートフォリオの割合)

 

 

株式も債権も金も、価格は日々変動しています。

上がったり下がったりが毎日繰り返されます。

 

同じアルゴリズムで、同じリスク設定で運用していても、追加資金を投入するポイントで利益が出たり、損益が発生したりするわけですね。

追加投入のポイントが

価格上昇した後のタイミングなら、マイナス(利益は少なるなる)

価格下落した後のタイミングなら、プラス(利益が大きくなる)

 

長期運用なら差異は気にしない方がいい

 

追加資金の投入ポイントの違いで差が生まれるのか~
イノシシ君
いわみ
そうだね、だから長期で運用するつもりなら気にしなくていいと思うよ

半年や1年(あるいは2年くらいでも)の短期の視点では多少の差は発生します。

でも5年や10年(あるいは30年)という長期運用を計画しているなら、差は気にしない方がいいと思います。

 

差が出るのは今だけだからです。

運用期間が長くなればなるほど、差は縮まっていくと思います。

世界経済が伸びていく限り、ロボアドバイザーの分散投資で資産は増えていはずです。

 

世界経済が成長しているのは、歴史を見ても明らかです。

日本の株はどうなるか分かりませんが、米国株はよほどのことがない限り相対的には上昇していくと、専門家たちの意見もほぼ一致しています。

 

リーマンショックのような世界規模の大暴落がまた起こる可能性もあります。

それでもグラフを見ればわかるように、長期的には株価は上昇しています。

 

短期での上げ下げに一喜一憂しないで、どしんと構えて長期運用すること。

 

これが資産を増やすいちばんの近道だと思います。

 

おわります。

 

関連
【ウェルスナビ】初心者の実績と利率を公開。30万円を2年放置した結果は?

続きを見る

-ライフスタイル

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.