才能も資格もない一般人がフリーランスになるために

いわろぐ

働き方

30代が残業なしホワイト企業に転職するために必要な2つのこと

投稿日:2019-04-24 更新日:

イノコちゃん
サービス残業が多すぎて心も体もツライ…
今いる会社、経営がヤバそう…そろそろ本当に倒産しちゃうかも?
イノシシ君

  • もっと労働環境の良い会社に転職したいけど、もう30代だし特別な資格や資格もコネもないからムリかな…
  • あきらめてこの会社で何とかやっていくしかないのかな…

こんな悩みを持っている人に、経験者からお答えします。

最初に結論

まだ大丈夫ですよ!今からでも

残業なしのホワイト企業に転職することは可能です!

 

 

どうして断言できるのかというと、ぼく自身ができたからです。

ぼくは都内にあるブラック企業(人材派遣会社の総合職)に約6年間務めて、激しいサービス残業や理不尽な上司と働くことに、心身ともに疲弊していました。

30代になってようやく「このままだとマズいな」と気づき、思い切って会社を辞めました。ここに未来はないと分かったからです。

その後は、実家に一時的に戻ったり転職した会社が前にも増してブラック企業だったり、と紆余曲折ありました。(詳しくはプロフィールをどうぞ)

 

でも、諦めずに行動し続けた結果、残業なしの会社に就職することができました。

何か特別な資格やコネがあったんじゃないの?
イノシシ君

いいえ。ぼくは専門学校卒だし、資格も普通免許しか持っていません。コネもまったくありません。

それでもブラック企業地獄から脱出することができました。

そのへんの経緯はこちらの記事に詳しく書いています。

【経験談】ブラック企業の辞め方。一時的に実家に戻るのはアリです。

続きを見る




重要な”2つのポイント”

大事なことは2つ。

 

給料を下げる

都心を離れる

重要なポイントは、「給料」と「会社の立地」です。

資格もコネもない30代がブラック企業から抜け出すためには、環境を変えることが重要です。

 

労働環境は基本的に、給料と会社の立地に大きく影響します

え?業種とか社風じゃないの?
イノシシ君

もちろん、業種や会社のスタイルや業績も、労働環境を決める大きな要因であることは間違いありません。

でも、30代から残業のない会社に転職しようとする場合は、選択肢に限りがあります。

今から全く経験のない業種で働くのも、よほど運が良くないと難しいでしょう。

重要視すべきは「給料」と「立地」です。

 

給料を下げる

今月分はあとこれだけか…

 

給料より労働環境を優先させるという意味です。

(同じ業種で)今までと同じ給与水準の会社を探しても、その転職先も同様の労働環境(ブラック企業)である確率は高いです。

思い切って「給料を下げる」こと。

給料が下がったら生活できないじゃないか!
イノシシ君

そんなことはありません。固定費を下げれば今より低い給料でも生活することは十分にできます。

少し前の本ですが、おすすめの書籍があります。

少し前の本ですが、分かりやすいエピソードと共に「収入を下げて生活を豊かにする方法」が書かれています。

 

人間らしい暮らしをするために

今より少し低い水準で会社選びをした方が、労働環境が良くなる確率は高くなります。

もちろん、ただ安い会社を探しても意味はありません。

「拘束時間の短さを優先させて職場を探すと、給料の条件は下がる場合が多いけど、そこはいったん妥協しましょう」ということです。

 

空いた時間を使って副業などをした方が生活は豊かになります。

 

「ダサい会社」で働く?

上で紹介した「プア充」に書いてあったことですが、ブラックな労働環境を避けるために会社を選定する基準として「ダサい会社」を選ぶとよいです。

詳しくは本に譲りますが、簡単にいうと「ダサい会社」はビジネスモデルが安定していて社員に無理を強いることをしなくても経営が回るからです。

 

都心を離れる

都心は家賃が高い

 

資格もコネもない30代が残業なしのホワイト企業に転職するために、

もうひとつ重要なのは「都心を離れること」です。

東京で住まない・働かない、と言い換えてもいいです。

どうして東京を避けた方がいいかというと、「固定費が下がるから」です。

 

いちばん大きな固定費は「家賃」

家計にとって、いちばん割合が大きいのは家賃(住宅費)だと思います。

東京に住み東京の会社で働き、毎日残業して月に手取り30万円くらいもらっていても、家賃に10万円かかったら残りは20万円です。その他諸々の生活費を抜いたら、あまり残らないという人が多いのではないでしょうか?

その点、郊外や地方は家賃が安いです。東京の人からすれば驚愕するほど安いです。

同じ広さ、同じ条件(駅徒歩や築年数)で比べたら、都心と郊外では驚くほど家賃は変わります。

郊外が安いというより、東京の家賃が高すぎるんですね。

どちらにせよ、郊外は家賃が安いです。

埼玉県のそれほど不便のない駅周辺でも、探したら都内より20~30%安い物件を探すことはそれほど難しくないと思います。

もっと郊外の駅や、駅徒歩の距離が長い物件であればさらに家賃を下げることも可能です。

ちなみにぼくが東京から埼玉県に避難したとき、最初に住んだ物件は、

築20年くらいのマンション(間取りは2K)で、駐車場付きの家賃が53000円でした。(ちなみに最寄りの駅までは「バスで15分」)

電車を使うには不便ですが、車で通勤できるとなれば全く問題ありません。

都内にずっと住んでいた感覚で言うと「えっ、マジで?」というくらいの割安感。

たとえばこれが栃木県や群馬県まで離れれば、さらに家賃は下がります。

豊島区なら10万円払わないと住めないレベルの物件が、(たとえば栃木県黒磯市なら)4万円台でも見つかります。

 

生活水準を下げると、逆に暮らしが豊かになる

資格もコネもない30代がブラック企業から抜け出すには、まず環境を変えることが大事です。

  • 都心から離れた場所に住み、その周辺で仕事を探す
  • 給料が減っても固定費も下がるので、可処分所得はむしろ増える

そしていちばん重要なのは「自由な時間が増えること」です。

 

定時が17時半で通勤時間が30分だとしたら、家に着くのは18時。

平日の帰宅時間が18時ですよ。

すごいと思いませんか?

ぼくはブラック企業時代、月の半分は終電で帰っていました。家に着くときには日付が変わっていました。

そのときと比べたら18時帰宅って天国です。南極からハワイに来たくらいの気分でした。

 

都会から離れたら、就職先なんて見つからないでしょ?
イノシシ君

と思われるかもしれません。

でもそんなことはありません。人手が足りないのは地方も同じです。

むしろ地方のほうが人がいないので、選ぶ側からは有利な条件を見つけられる可能性もあります。

探してみると求人はたくさんあります。

 

まとめ

ブラック企業、ダメ。

-働き方

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.