特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

働き方

会社員をやめてフリーランスになりたいのは「自分で稼ぐ力を身につけたいから」

投稿日:2018-07-17 更新日:

会社員ってこれからどうなの?

いわみ(@iwamishinji)です。

ぼくがブログをはじめた理由は「自分で稼ぐ力を身につけたいから」です。

今は勤めている会社をなるべく早く(できれば今年中に)やめて、フリーランスで働ける方法を毎日考えています。

「今の職場」をやめたいのではなくて「会社員という働き方」をやめたいのです。

別の言いかたをすると「会社に自分の時間をまとめて差し出して、その対価として月給をもらう」という労働スタイルをやめたい。

会社員を何がなんでも脱却したいと思っています。

フリーランスに転向するとっかかりにしたくてブログを書いています。

 

会社員の何がダメなのか

 

今までずっと会社員として月給をもらって生活してきましたが、最近になってこの働き方に疑問を持つようになったんです。

「このままでこの先やっていけるかな?」とけっこう深刻に疑っています

関連の情報を本やネットで読み漁ったり、(経済や歴史や人口の)専門家と呼ばれる人たちの意見を聞いて、知れば知るほどに、ぼくの不安は的中するだろうという確信に変わりました。

 

収入の柱が給料だけ、という働き方はこれから不利

 

よく考えて見ると自明だと思うんです。

日本は高齢化が進み、労働者の数が減っていますよね。これからも働く人の減少は止まりません。

働く人が足りないから「労働者の需要」は上がりますが、だからといってすべての人の労働環境が良くなるとは限りません。

成長産業では優秀な人材の奪い合いになるから、そこで働く人たちの待遇や環境はよくなるでしょう。

でもそれ以外の大多数を占める単純労働者などの待遇は今までとさほど変わりません。

それどころか衰退産業では逆にいまよりも労働環境が悪くなるところだってありそうです。

上位数パーセントより下の労働者はもれなく不利になる、という認識でいいと思います。

 

物価が上がって家計がだんだん苦しくなる

 

そしてこれが重要なんですが、日本はこれからインフレになりそうです。

日本の物価はいま世界的にみて安すぎます。モノやサービスの質に対して値段が驚くほどに安い。海外から日本に来ると物価の安さに(そしてサービスの質の高さに)驚いた、という話をよく聞きます。

ぼくらからすれば当たり前の「吉野家の牛丼」も世界基準からするとアリエナイくらい安いみたいです。

もちろんその安さの裏側には「(サービスをつくる)労働力が低価格だから」というからくりがあります。働いている人の給料(時給)が安いから、質の良いサービスを安価で提供できる。

物価が上がるといっても、「今まで安すぎた物価がだんだんと世界基準に合わせていく」だけのことです。でもずっと日本で暮して買い物をしているぼくらからしたらそんなこと関係ないですよね。

物価が上がると給料も(平均的には)が上がるはずです。それは嬉しいことですが、同時に(あるいは先行して)食料品や日用品やサービスの価格も上がることになります。既に食料品のステルス値上げが話題になったりしています。

給料の上がる幅よりもサービスの値段の上がる幅の方が大きいと、当然ですが今より家計は苦しくなります。

 

60歳以降も働き続けなくてはならなくなる

 

一般企業や公務員で働いていた人が、60歳で定年したあと嘱託などでもう少し働いて、70歳くらいで完全に仕事をしないで年金で暮らしている、という老人たちが今はたくさんいます。

が、もう長くはもたないと思います。

いま40歳のぼくが60歳になるころに定年は何歳になっているでしょう。年金はいくらもらえるのでしょうか。
そもそも定年したらあとは年金だけで暮せる、というある意味幸せな日本のシステムはいつまでたえられるのか?

「年金を払う側」と「年金をもらう側(高齢者)」のバランスはおかしなことになっています。これから更に日本の人口構成はいびつな形になります。払う側の負担だけがどんどん増えていって、年金システムはもうすぐ崩壊するんじゃないでしょうか。

そうなると残された選択肢は「生涯現役」だけになります。

元気に働けるうちは何歳になっても働いて自分の生活費は自分で稼がなくてはいけなくなる。それが普通だし自然なことでもあるとぼくは思いますけど。

で、生涯現役の働き方をせざるを得なくなったときに、日本の企業は柔軟に対応していけるでしょうか?

「働く人が足りないから定年はなくなりました。できる人がどんどん働いて税金を納めてくださいね」
「この会社が合わない人はスパっと別の会社に移ってね、この先も相当長いんだからさ」となるでしょうか?

ぼくにはそうは思えません。

結果的にそうならざるを得ないときは来るでしょう。「崖っぷちに追い詰められて変わらないと生きていけない」くらいにならないと日本は変われないのではないか、と思っています。

 

フリーランスになるために

 

長々と書きましたが何が言いたいのかというと、

いろんな意味で会社員という働き方はこれからキツくなるから、早めに次の策を打っておきたい

ということです。

うまくまとまらなくて読みづらい文章で申し訳ないです。

自分の思考を言語化する能力を鍛えておくとフリーランスになってから活きてくると思って、誰も読んでなくてもブログを書き続けようと思います。

おわり

 

 

-働き方
-

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.