特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

ポエム

【まとめ】イケダハヤト「ブログはオワコン」発言の意味と理由とは?

投稿日:2018-11-09 更新日:

 

ブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)がブログやYouTubeで「ブログはオワコンだ!」と発信したことが界隈を賑わせています。

 

 

ちなみに「オワコン」はネット用語です。

オワコンとは?

終わったコンテンツの略。ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたが現在では見捨てられてしまったこと、ブームが去って流行遅れになったこと、および時代に合わなくなった漫画・アニメや商品・サービスを意味するインターネットスラング。-Wikipediaより

 

「オワコン発言」は多くの議論を巻き起こし、そしてその多くは「えっ!本当に?」とか「せっかく頑張ってブログ更新を始めたところなのに…」という悲観的な反応が多かったようです。

 

一連の流れやTwitter上での反応のまとめ、最後にぼく個人の意見を書きました。

 

なぜ「ブログはオワコン」なのか?

 

イケダハヤトさん(以下イケハヤさん)が「ブログはオワコン」だと主張する理由は以下のようなものです。

 

  • これから「動画の時代」が来る
  • テキストコンテンツは読まれなくなる
  • 検索数自体は増えるけど、企業の広告予算は動画へ流れる
  • ブログで稼ぐのは難しくなる
  • だからブログはオワコン!

 

「稼げる検索ワードで個人ブログに勝ち目がなくなってきたこと」も別の動画で挙げています。

「ネットが稼げる」と気づいた企業がどんどん参入してきていて、上位表示させるのが以前より格段に難しくなっているそうです。

 

いわみ
今のSEOがそんなに難しいとも思いませんが、昔はもっとブルーオーシャンだったんですかね?

  




ブロガーたちの反応

お、俺のブログがオワコンだって…?

 

「ブログはオワコン」発言を受けて、Twitterではたくさんの反応が投稿されました。

 

賛否両論

発言を受けてたくさんのブロガーたちが意見をTwitter上で表明し、そのツイートにもたくさんのコメントがつくなどの現象が起こりました。

 

上に並べたツイートはごく一部で、他にも反応の多い意見はたくさんありました。

ブロガーからしてみれば、今まで自分の時間と労力を投入してきたコンテンツが突然「オワコン」と断定されたら、焦ったり腹を立てる人がいて当然です。

しかも、それを言ったのは「そのへんの無名ブロガー」ではなく、文句なく第一線に君臨している「プロブロガー・イケダハヤト」の発言だったのですから、誰もスルーできなかったのです。

 

「ところで、賛否両論の意見を否応なく巻き起こす意見」には、次のような要素があると思います。

  • 物事の本質を突いている
  • 何となく思ってはいるけど言語化できていなかった
  • 理解しているけど、認めたくない

 

「痛いところを突かれた」と感じたから、みんな反応したのかもしれません。

 

ブログはオワコン? それとも…

ブログはだんだん読まれなくなるだろう…
ブログは消えていく運命なのか?

 

長期的に考えれば、テキスト文化は衰退していくと考えた方が自然なのかもしれません。

なぜなら、動画や音声の情報が本やブログなどのテキスト情報に比べたら「インプットが楽な情報」であることに異論のある人はいないと思うからです。

今よりずっと気軽にストレスなく動画が見られるネット環境が整備され、コンテンツの種類や質が向上すれば、多くの人は「動画で情報を摂取すること」を選ぶのではないでしょうか。

人間というのは結局は怠惰な動物で、「楽なほうに流れる」のは自然なことです。

 

テキストコンテンツのユーザーは実は少ない?

「文字」って正直、読むの面倒臭いよな…

 

そもそも「テキストコンテンツを主に消費している」人数自体が少ないと思っています。(特に参照できるデータはありませんが、なんとなく感覚として)

つまり「何かを調べるためにGoogle検索→結果の中からブログ→回答を探す人」って実は少数派なのでは?と思うのです。(特に中高年)

日常的にネット検索で物を調べているのは「若くて、それなりに知的好奇心を持っている人」だけです。

根拠はありませんが、そういう人って全体の2割もいない感じがあります。

ぼくが共感した悠斗さん(@yuto_le)のツイート。

テキストコンテンツを日常的に消費している人は「始めから」少数派だったという説です。

これは説得力があります。

それ以外の人たち(例えば今までテレビを見てた層)が動画に流れていく、というだけの話なのかもしれませn。

作家の橘玲さんの「 言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) 」では

日本人の3分の1は日本語が読めない

という衝撃の内容が書かれています。

 

ブロガーが進むべき道は?

 Twitterのフォロワー数は20万人以上、YouTubeの登録者数も4万人以上(2019年5月時点)のいわゆる「インフルエンサー」のイケハヤさんは

「取るべき戦略」を次のように言っています。

  • SNSでインフルエンサーになる(個人ブランドとしての人気を獲得すればSEOが関係なく集客できる)
  • プラットフォームを限定せず、動画・音声・Instagram・ライブ配信など手広くやってリスクヘッジ
  • 他にもサロン運営やコンテンツ販売など、いろいろ試すべき

ひとつの場所(プラットフォーム)にこだわらずに何でも手を出していくべき、ということですね。

 

「ブログはオワコン」に対する答え

ブログがオワコンだと思う人は手を…え? 全員…

 

ネットにおける「ブログのシェア」がこれから減っていくのは確実でしょう。

「より楽な方を志向する人間」がテキストから動画へ移行するのはたぶん必然だと思います。

ネット環境も、これから更に高速化し安価になります。

ぼくはテキストが好きなので、さみしい気持ちはありますが、事実から目を反らすわけにはいきません。

イケハヤさんが言うように、テキスト文化は緩やかな下降線で衰退していくでしょう。ネットコンテンツの主流は音声や動画やVR・ARに替わっていく。

 

ただ、テキストコンテンツ自体が滅びることはないと思います。(少なくともあと数十年は)

テキスト以外の、動画や音声などのコンテンツが伸びていくから、相対的にブログなんかは実際以上に縮小しているように見えるけど、絶対数はそれほど変わらないはず。

ずいぶん前から「ラジオは滅びる」と言われながらも、根強いファンがいて下げ止まっているように。

最近では音声メディアが見直されてもいる。オーディオブックやPodcast・Voicyなど別の形をとって伸びていくかもしれない。

 

これから動画の時代が来るのは間違いないけど、ブログもすぐに消えたりはしない、というのが答えですね。

個人的な意見:「イケハヤさんの個人的なモチベーションが下がっただけ」説

 

最後にぼく個人の意見を少々。

イケハヤさんが「ブログはオワコンになる」と思うに至った原因に

「ライブドアブログ」をプラットフォームにしている、という環境が大きく影響している気がします。

無料であるライブドアブログは、未だに「SSL未対応」です。(ネット通信のセキュリティの一種。SSL対応のサイトはアドレス頭がhttps

それと「短めの記事を、スピードと数で勝負する」というイケハヤさんのブログスタイルが、これからはあまり有利に働かなくなることをご自身が予見されているからかもしれません。

さらに実は大きな要因として「仮想通貨バブル」が関係していると思っています。

ぼくはイケハヤさんの「収益報告note」(有料)を読んだのですが、2017年末~2018年にかけて起こったバブルで恐ろしいほどの利益を上げています。

有料なので詳しくは書けませんが、最高で「ひと月で数千万円の利益」と書いてあります。

そしてバブルは弾けて売り上げは急降下(それでも相当な金額ではありますが)してしまいました。

いわみ
イケハヤさんの中で「ブログで稼げるピークは過ぎてしまった」と感じたとしても無理はないように思えます

 

おわります。

いわみ(@iwamishinji)でした。

 


-ポエム

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.