特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

ツール

【Twitter初心者】同時にプチバズった?ツイートを比較してわかったこと。

投稿日:2018-09-01 更新日:

 

どうも、Twitter初心者いわみ(@iwamishinji)です。

 

そんなぼくが、先日たくさんの「いいね」や「リツイート」をされる経験をしました。

バズった(リツイートなどで拡散の人に拡散されること)というやつです。

 

といっても大した規模ではありません。

リツイートが100ちょっと、20万インプレッションくらい。

 

インフルエンサーやフォロワーが多い方々からすれば鼻で笑われそうな数ですが、フォロワー50人のぼくにとっては「アドレナリンがどくどく出てくるような」初めての感覚でした。

 

さらに、この日はそんな「プチバス」が同時に2つ起こったんです。

 

みんなの反応が増えてきたとき「これはチャンス!」とばかりに、自分のブログを宣伝しました。

結果いつもより多くの人にこのブログを読んでもらうことができました。ありがたいです。

 

そして「2つのツイートからそれぞれどのくらいの人がブログを見てくれたのか」データを比べてみました。

 

すると、興味深い結果が出たのです。

 

結論からいうと、同じように拡散されても、「つぶやいた本人に興味をもってもらえるツイート」と、「そうではないツイート」がある、ということです。

 

どんなツイートをした?

 

まず最初に、この2つのツイートを比較します。

わかりやすいように、一方をA、もう一方をBとします。

 

A 「ママ閉店」について(どもぼくさん(@domoboku)へのリプライ)

 

イケダハヤトさん(@IHayato)がリツイートした「どもぼくさん」のツイートを見て、それに対する自分の意見をつぶやいたもの。

いわゆる「炎上さわぎ」に乗っかった形です。

 

 

B 「フォロー解除推奨機能」(CNET JAPANの記事)

こちらはニュース記事についてのツイート。

Twitter社が「あなたがフォローしているこの人はなんか良くないからフォロー解除したほうがいいですよと提案してくれる」的な機能をテストした、という記事です。

読むとわかりますが、本当に余計なお世話だと思いました。

でも今回はニュースの内容については関係ないのでこれ以上は言及しません。

 

ツイートの数値を比較

 

それぞれのツイートのデータを比較してみます。(2018/8/31 22時点)

 

A ママ閉店 B フォロー解除
リツイート 40 130
いいね 200 200
インプレッション 30000 200000
エンゲージメント 350 7000

Bツイートの方がリツイート数もインプレッションもケタ違いに多いことが分かります。

ちなみにインプレッションとは「そのツイートが見られた回数」で、エンゲージメントは「ツイートに対して何らかの反応をしてくれた人の数」のことです。

 

ブログ宣伝ツイートへの反応

 

続けて「ブログの宣伝をしたツイート」への反応を見てみます。

A ママ閉店 Bフォロー解除
インプレッション 20000 500
エンゲージメント 130 10
ブログURLをクリック 60 5

 

結果

 

真逆の結果が出ました。

 

AはBのツイートよりも(リツイートやインプレッション)数が少なかったのにも関わらず、宣伝ツイートへの反応はBよりも何十倍も多かったのです。

 

これはどういうことなのでしょうか?

 

人は「共感できる個人の意見」を発信する人間に興味や関心を持つ

 

AツイートもBツイートも既存の流れ(炎上さわぎやニュース)に乗っかった形です。

 

「リツイート」や「いいね」をしてもらえたのは、「そうそう、私もそう思っていたんだよね」とか、「なるほど、こういう捉え方もあるのか」と読んだ人が感じてくれたからだと思います。

トレンドだったこともありますが、Aの方が「発信者(いわみ)の日常や人生観があらわれていた」と分析できると思います。

それに比べてBは、「ニュースとしての価値」がより強くて、意見としてはわりと「誰でも言えること」だったのではないでしょうか。

 

だからBは、たくさんリツイートされて多くの人の目にはついたけど、「つぶやいた個人への関心」を持たれるようなものではなかったのです。

 

まとめ

ちっぽけな規模の拡散だし、ぼくはTwitter歴も浅い初心者です。

どういうツイートをすれば拡散されるかとか、フォローしてもらえるかとかはまだよくわかっていません。

でももしTwitterで発信をすることで個人への興味を持ってもらいたいと考えているなら、「普段から考えていることが伝わるような言葉」で発信すると効果は高くなるのではと思いました。

今回は誰かのリツイートやリプライでしたが、これがオリジナルのツイートが拡散されたなら、同じ反応数でも宣伝効果はもっと何倍にもなると推測できます(その経験はないので)。

 

今後そんなことがあったときはまた比較してみたいと思います。

 

おわります。

 

 

-ツール

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.