ツール

格安スマホ IIJmio 100円キャンペーン!値引き端末5機種のスペックを比較してみた!

投稿日:2019-03-31 更新日:

いわみ(@iwamishinji) です。

格安SIMのIIJmio(アイアイジェイミオ)がお得なキャンペーンをやってますね!

その名もシェアNo.1記念 第三弾 スマホ100円キャンペーン

見てみると分かりますが、かなり気前よく値引きされてます。

 

以前に当時セットで購入した格安SIMの端末は、スペックが物足りなくなり、そろそろ買い替えを検討していたので、このキャンペーンはスマホが安く買えるチャンスです!

キャンペーンの内容や、機種のスペックを比較してまとめました。


先に「一覧比較表」を見たい方は、こちらからスキップできます。

 

どんなキャンペーン?

格安SIMやスマホを取り扱う個人向けインターネットサービス、IIJmio (アイアイジェイミオ)が、SIM回線契約数のシェア1位になったということで、それを祝したキャンペーンです。

 

IIJmio キャンペーン概要

  • 音声SIMとセットで新規契約すれば、スマホが100円から手に入る
  • 音声SIM利用料の月額が3ヵ月間1,300円割引
  • 使えるデータ量が1年間、毎月1GB増量(すべてのSIM)
  • 初期費用3000円が1円に


キャンペーン 適用条件

  • IIJmioの音声通話機能付きSIMを端末とセットで購入すること
  • キャンペーン対応の(値引きされる)端末は5機種
  • 期間は2019年5月8日まで

 

お得に買える端末は5機種

2019年3月末現在、キャンペーン対象端末は5種類。

100円で買えるのはOPPOの端末だけですが、他の4機種もけっこう値引きされています。

 

メモ

格安で買える端末は「なくなり次第終了」となっていますが、一度「在庫なし」の表示になっていても、時間を空けて再度確認すると選択できる場合もあるようです。(3/31 確認済み)

 

R15 Neo 3GB (OPPO)

項目スペック詳細
CPU Snapdragon 450 SDM450
OS ColorOS 5.1(Android8.1ベース)
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ156.2 × 幅75.6 × 厚さ8.2 mm
重さ168g
ディスプレイ6.2インチ
解像度1520×720
カメラ画素数背面:1300万画素 デュアルカメラ
前面:800万画素
バッテリー駆動 4230mAh
カラーバリエーションダイヤモンドピンク / ダイヤモンドブルー
キャンペーン価格100円

 

OPPO R15 Neo 3GB の良い点

  • 安い(キャンペーン価格100円!)
  • バッテリー容量が大きい(他の機種の約1.5倍)
  • 画面が大きい

 

OPPO R15 Neo 3GB の悪い点

  • OSが ColorOS 5.1なので、androidに慣れた人には違和感があるかも(ベースはandroid)
  • CPUの性能がやや低い(450。数字のみで判断)
  • デザリング機能がない
  • 若干大きい(75.6x156.2x8.2 mm)

 

Xperia XZ Premium (SONY)

 

項目スペック詳細
CPUSnapdragon 835 MSM8998
OSAndroid 7.1 (9.0にアップデート可)
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ約77x156x7.9 mm
重さ191g
ディスプレイ5.5インチ
解像度 2160×3840 (4K)
カメラ画素数背面:1920万画素
前面:1320万画素
カラーバリエーションディープシーブラック
バッテリー駆動 3230mAh
キャンペーン価格40000円

 

Xperia XZ Premium の良い点

  • CPUの性能が他の機種より高い(835。数字のみで判断)
  • 内臓ストレージの容量が多い(64GB)
  • カメラの画素数が高い
  • 国内メーカー

 

Xperia XZ Premium の悪い点

  • 価格が高い(キャンペーン価格40000円)
  • 初期OSが古い(android7.1 9.0バージョンにアップデート可との表記あり、未確認)
  • カラーが黒しか選べない
  • 若干大きい(77x156x7.9 mm )

  

ZenFone Live (L1)  ASUS

項目スペック詳細
CPUSnapdragon 430 MSM8937
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)2GB
本体サイズ約71.7x147.2x8.1 mm
重さ140g
ディスプレイ5.5インチ
解像度1440x720
カメラ画素数背面:1300万画素
前面:500万画素
カラーバリエーションブルー/ゴールド/ピンク/ブラック
バッテリー駆動3000mAh
キャンペーン価格5000円

 

ZenFone Live (L1) の良い点、悪い点

CPUの性能が他の機種より低い(430。数字のみで判断)

あとはメモリ(RAM)が2GBと低いのが気になります。

スペック、価格ともに中間的な存在ですね。よくも悪くもないという。

  

HUAWEI P20 lite (ファーウェイ)

項目スペック詳細
CPUHUAWEI Kirin 659
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ約71.2x148.6x7.4 mm
重さ145g
ディスプレイ5.84インチ
解像度2160x1080
カメラ画素数背面:1600万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
前面:1600万画素
カラーバリエーションサクラピンク/クラインブルー/ブラック
バッテリー駆動 3300mAh
キャンペーン価格7000円

  

HUAWEI P20 lite の良い点

  • CPUの性能が良い(659。数字のみの判断)
  • 内臓カメラの画素数が高い(前後とも1600万画素)
  • 価格ドットコムの口コミ数&点数が高い(5302口コミ、平均4.44点)
  • 口コミ数は5機種の中でダントツ。点数も良い。ざっと読んでみたけど、信頼できそうな口コミが多い印象。

 

HUAWEI P20 lite の悪い点

  • 他の機種に比べて価格がやや高い(キャンペーン価格7000円)
  • 国産メーカーではない

 

AQUOS sense plus

項目スペック詳細
CPUSnapdragon 630 SDM630
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ約71x151x8.9 mm
重さ157g
ディスプレイ5.5インチ
解像度2160x1080
カメラ画素数背面:1640万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
前面:800万画素
カラーバリエーションベージュ/ホワイト/ブラック
バッテリー駆動 3100mAh
キャンペーン価格10000円

  

AQUOS sense plus の良い点

  • CPU性能が比較的高い(630。数字のみで判断)
  • 国産メーカー

AQUOS sense plus の悪い点

  • 価格がやや高い(キャンペーン価格10000円)

 

各機種比較!

5機種を表形式で比較してみました。

製品名OPPO R15 Xperia XZZenFoneP20 liteAQUOS
メーカーOPPOSONYASUSHUAWEIシャープ
価格100円40000円5000円7000円10000円
販売時期2018年秋モデル2017年秋モデル2018年冬モデル2018年夏モデル2018年夏モ
画面サイズ6.2 インチ5.5 インチ5.5 インチ5.84 インチ5.5 インチ
画面解像度1520x7203840x21601440x7202280x10802160x1080
OSColorOS 5.1(based on Android8.1)Android 7.1Android 8.0Android 8.0Android 8.0
CPUSnapdragon 450 SDM450Snapdragon 835 MSM8998Snapdragon 430 MSM8937HUAWEI Kirin 659Snapdragon 630 SDM630
ROM64GB64GB32GB32GB32GB
RAM3GB4GB2GB4GB3GB
バッテリー駆動42303230300033003100
背面カメラ画素数1300万画素+200万画素デュアルカメラ(f/2.2+f/2.4)1920万画素1,300万画素約1600万画素 + 約200万画素約1,640万画素
前面カメラ画素数800万画素(f/2.2)1320万画素500万画素約1600万画素約800万画素

 ※ラインナップ中の高スペックを赤文字低スペックを青文字で強調しています。

 

もっと詳細な比較がしたい方は価格ドットコムのサイトで見られます。

 

個人的な結論

さんざん比較してきましたが、ぼくは今回は乗り換えを見送ることにしました。

もうしばらくはBIGLOBEモバイルを継続しようと思います。

 

乗り換えを見送った理由

  • 端末(スマホ本体)の料金は確かに安くなるが、その他諸経費がかかる
  • MNP(番号ポータビリティ)費用が3000円×2台=6000円かかる
  • 例えばHuawei P20 liteを購入するなら、キャンペーン値引きは8000円
  • 2台で計16000円の値引きだが、その他の諸経費を加算すると、それほどお得でもない
  • キャンペーン終了後の通信料金は変わらない(若干高くなる可能性も)

 

乗り換えにかかる時間や手間を考えると大差ないかな、と結論に至りました。

確かに今使っている端末(富士通Arrows M03)はスペック的な不満はありますが、買い替え費用が多少割引になる程度なら、セールなどで安い端末を探してきてSIMを差し替えれば済む話でもありますから。

 

おわります。

【BIGLOBEモバイル】初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~5/12)

 

その他オススメ記事

FIREムーブメント
【新しい生き方】FIREって何?アメリカの若い世代に人気のムーブメント!?

続きを見る

Amazonのスマートスピーカー「Echo Spot」を実質無料で入手した方法。

続きを見る

-ツール

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.