特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

働き方

【フリーランスになる】会社員をやめようと思う理由。

投稿日:2018-06-21 更新日:

会社員をやめよう

 

会社をやめようと思っています。

 

「会社をやめる」といっても、今働いている会社を辞めて別の企業に転職しようとかを考えているわけではありません。

 

会社員という働き方自体をやめるということです。

 

つまり、フリーランス(個人事業)で生計を立てようと思います。

 

そのためにはどうすればいいのか、最近ではそればかり考えています。

 

何をするの?

会社員をやめて独立するということは、何かの資格とか持ってるの?
イノシシ君

 

いいえ。資格は持っていません。普通免許くらいしかありません。

 

イノコちゃん
それじゃ何か特技とか、お金になる技術や経験があるんだね?

 

いいえ。特別な技術や経験もありません。

 

これまで携わってきた仕事も人材派遣、運送業、飲食といった、特に資格や技能が身に付く業務ではありませんでした。

 

持っているのは「覚悟」だけです。

 

会社をやめて大丈夫?

 

ぼくは結婚して子供もいる40代前半の男性です。

 

一般的にはこれからバリバリ仕事をして、家を建てたりする年齢ですね。

 

イノコちゃん
子どもがいるのに、そんなときに会社をやめて大丈夫なの?

 

これから子どもが大きくなって、学校や習い事などに通うようになれば、お金がかかります。

これからお金がかかる時期ということは、今は何も考えずに働いて少しでも貯金でもした方が将来のためになると考えている人は多いでしょう。

「そんなとき」にぼくは会社員をやめて独立をしようと考えているわけです。

 

見通しは立っているの?

 

イノコちゃん
どうやってお金を稼ぐとか、見通しはついているんですか?

 

現時点で、個人として収入を得る方法はブログくらいしかありません。

 

ブログにしても、現在の収益は月に数千円程度です。

 

これを伸ばしていくのには、まだ時間がかかりそうです。

 

無謀?

  • 貯金もほとんどない
  • 資格も持っていない
  • 特別な技術や経験もない
  • 現在の個人収入はブログ(月に数千円)だけ

 こんな状態で会社員をやめて独立しようと考えているぼくを「無謀だ」と思いますか?

 

正直思いますよね…
イノシシ君

 

若干自分でも思わなくもないですが、それでもぼくは会社をやめるつもりです。

 

それには理由がいくつかあります。

 

会社員をやめようと思う理由

 

ぼくが会社員(サラリーマン)をやめようと思っているのには理由があります。

 

それは「今の働き方だと将来どんどん苦しくなっていくことが目に見えているから」です。

 

  • 日本の経済が低迷(日本はこれから更に貧しくなります)
  • 格差が広がり、ただの会社員はアンダークラスになる
  • 年金への不信感、社会保障も(お金がないので)厳しくなりそう

 

 

ぼくの働いている会社も2018年にリーマンショックに多大な影響を受けました。

今では回復していますが、またあのような事態が来ないとは限りません。

というか、いずれまた来ると思います

 

ほかにも問題点はあります。

  • 慢性的な人手不足(従業員の募集をしてもあまり集まらない、採用しても長続きもしない)
  • 経営陣の高年齢化(創業者がいまだにトップにいる)
  • ビジネスモデルが時代遅れ

古い業界(運送業)ということもあり平均年齢はかなり高く、引退間近のベテランも多いです。

新たな採用の募集はかけているようですが、ぜんぜん人は集まりません。

中途採用の競争も厳しくなっている感があります。

 

ということは、これからさらに人手不足になり、残った従業員の仕事量が増えていくことが予想されます。

仕事は増えても、給料はたいして上がりません。

多少は上がったとしても、物価はそれより早く上がっていくでしょう。

 

定年できない

僕が65歳になったとき、「定年」という概念はまだ日本に残っているでしょうか。

定年とは「年を取って使えなくなったから辞めてもらう」ことに他なりません。

辞めたとしても、その後の暮らしはどうやって生計を立てていくのか?

年金は少額で、とてもそれだけで生活できる水準ではなくなります。

 

よほどの高給取りや生涯一社で勤め上げた人といった、今となっては「特殊な人」でないと「定年してのんびり暮らす」ことはできません。

 

莫大な資産があるとか、特別な人間以外(つまりほとんどの人)には生涯現役しか選択肢はなくなります。

 

そのときに何の仕事をするべきか。このまま会社員を続けていていいのか。

 

未来に賭ける

日本の未来について、ある意味僕は見限っています。年金などの社会保障もあてにはしていません。

でも、テクノロジーとそれによって生まれる新しいコミュニティや経済圏が、社会保障の代わりになると思っています。

つまり、会社員をやめるのは「テクノロジーが実現するであろう未来に賭ける」ということでもあります。

 

想定しているような未来が本当に訪れるなら、会社員よりもフリーランスの方が有利なはずです。

 




お金の価値が変わる

特に経済の面で、そう遠くない将来に世の中は大きく変わると思います。

これはぼくが本を読んだりネットの情報にふれたり、自分で仮想通貨を買ったり、資産運用をやってみて実感したことでもあります。

正確に説明できるほどの知識はないけど、直感的に感じたのです。

お金に対する価値観はこれからドラスティックに変わるでしょう。

 

どう変わるのかというと、お金の価値が下がるということです。

物価が上がるだけじゃなく、相対的なお金の優先度が低くなっていく。

それによって何が起きるか。

「頑張って仕事をしても生活が今より苦しくなる人」と、「たいして仕事をしていないのに楽して暮らしていける人」の二極化が起こると思います。 

 

時代は変わる

時代は変わろうとしています。

大きな波が来ることを感じています。

 

その波に乗るためには身軽でなくてはいけない。

会社員は身軽な生き方でもないし、安泰な生き方でも実はないのです。

だから早いうちに今の環境を変えて、これから来るであろう大きな波に乗れるように自分を鍛えておきたいのです。

 

それがフリーランスという選択になります。

 

まとめ

  • これから人手不足が加速して仕事量が増える
  • 仕事量が増えても給料は変わらない
  • 定年できないから生涯現役しかない
  • 崩壊する社会保障システムにテクノロジーが取って代わる
  • 新たな世界では2極化が今より進む(超格差社会)
  • 会社員では波に乗り遅れる
  • 会社員に未来がないと思うから、働き方を変える

運転資金など、解決すべき問題はありますが、何とかなると思いますし、絶対に何とかしなくてはいけません。

そして息子が成人するころに「あの時に思い切って会社員をやめておいてよかった」

と思えるようになりたいものです。

終わります。

 

関連記事:人生の優先順位を考えてみてわかったこと。

関連記事:会社員をやめてフリーランスになりたいのは「自分で稼ぐ力を身につけたいから」

-働き方

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.