「10年後の自由な生活基盤」のためにできること。

いわろぐ

お金

【評判】資産運用サービスで『クラウドバンク』が最も好成績な件。

投稿日:2019-09-13 更新日:

2017年から資産運用をしている、いわみです。

 

資産運用といっても、ウン百万円もウン千万円も運用するようなハデなものではなく、少額の分散投資ですけどね。 

 

銀行に預けていても金利はゼロみたいなものですから。

 

知ってますか? 大手銀行の普通預金の金利、0.001%ですよ!

0.001%ということは、100万円が1年で10円しか増えないんだね
イノシシ君

 

このままだと無駄なので運用してみようと思いました。

いろいろ調べて次のサービスを選びました。

 

WealthNaviクラウドバンクは2017年に開始

つみたてNISAは2018年10月にSBI証券で口座開設しました。

 

Wealthnaviの実績はこちらの記事でまとめています。

【ウェルスナビ】30万円を2年放置した結果。運用初心者の実績を公開!

続きを見る

 

今回はクラウドバンクについて。

 

結果からいうと、他のサービスと比べて最優秀の成績が出ています!(現在時点)

利回りおそよ6%でした。

 

本文でふれていますが、途中で仮想通貨に資金を流してしまったことが後悔されるくらい(笑)堅実に増え続けています。

 

いわみ
仮想通貨は増えるときにはドカンと行くんですけどね…

もしもの時、仮想通貨(暗号資産)を家族に相続できますか?

続きを見る

>>クラウドバンクに登録してみる

 

クラウドバンクとは?

クラウドバンクのホームページ。

 

「ソーシャルレンディング」と呼ばれる資産運用サービスです。

 

ソーシャルレンディングとは

ネット上で「お金を借りたい人、企業」と「お金を貸したい人、企業」を結びつける融資仲介サービスWikipediaより

イノコちゃん
つまり「だれでも企業にお金を貸せるサービス」なんだね

 

レンディング(lending)は、「貸し出す」や「貸し付け」といった意味の単語で、ここでは「融資」のことです。

通常の融資では、特定の銀行や投資会社などに借りますが、ソーシャルレンディングなら個人が少額から融資することが可能です。

 

それによって、今までは「大きな元手がないと難しい」といわれてきた「優良な投資」が個人でも簡単に行えるようになりました。

 新しい運用のカタチと言えるでしょう。

 

クラウドバンクの特徴

ZUU funding より引用

 

クラウドバンクの特徴は以下。

  • 日本で最大手のソーシャルレンディング会社
  • 1万円から運用が可能
  • 短期運用の案件が多い(3~14ヶ月)
  • 元本回収率100%!

市場シェアは83%!

ソーシャルレンディングの市場規模自体が日本でまだ少ないとはいえ、完全なトップ独走状態。

 

参考:日本のソーシャルレンディング市場規模が1500億円突破 クラウドポート調査

ちょっと古いデータですが、日本におけるソーシャルレンディングの市場規模は2017年で1500億円で、伸び続けているようです。

ロボアドバイザーと並んで、これから少額資産運用のメインサービスとなるのではないでしょうか。

 

そして回収率100%!スゴイです。

貸し倒れのリスクがゼロに近いので、安心して資産を預けることができます。

(今後のことはわかりません)

 

運用履歴

 

ぼくの運用履歴をごく簡単に説明します。

運用期間:2年

投資元本:20万円で開始⇒のちに10万円に減額

 

初期投資額(2017年5月):20万円

最初は20万円でスタートしました。

この当時はまったくの投資初心者で、ドキドキしながら始めたことを覚えています。

 

8ヶ月後:+3897円

8ヶ月後には203,897円に。

順調に増えてきました。

とはいえ、年率に直すと3%くらいなので目標よりは少なめですね。(当時は計算方法も知らずに喜んでましたが)

 

9カ月後(2018年1月)減資:-104,900円

 

その後に資金を出金しました。

半分の10万円とその時点の利益4,900円。

 

どこに移したのかというと、仮想通貨取引所です(笑)

分散投資していた分の大半を「今は仮想通貨だ!」と思ってブチ込んだのです。

結果は失敗ww

ご存じのように、仮想通貨バブルは2018年1月に弾けました。移した直後ですね。

このままクラウドバンクに残しておけば…と思いますが、あとの祭りです。

(仮想通貨自体もいちおうプラスは保ってます)

 

現在:108,373円

資金を減額はしましたが、その後も順調に伸び続け、

2019年9月現在の資産は108,373円となっています。

 

クラウドバンクの面倒なところは、投資中のファンドが満期になったら、返還金をまた別の案件に投資していかないと、放置状態になってしまうことですね。

 

利回り高し!

 

現在の資金は108,373円でした。

最初に20万円投資して、後に104,900円抜いているので

税引き後利益は、8373+4900=13,273円ということになります。

ちなみに税引前利益は16,554円。(上図参照)

 

運用期間は2年4ヶ月なので利回りは5.7%くらい。

13,273÷100,000÷2.3×100=5.77

 

減額分を差し引いても5%は下回っていないはずです。

 

目標利回りの平均は6%くらいのファンドが多かったので、ほとんどその通りになってますね!

 

いちばん好成績!

 

冒頭にも書きましたが、他にもいろいろ少額投資しています。

  • WealthNavi (ウェルスナビ、ロボアドバイザー)
  • つみたてNISA (SBI証券
  • 仮想通貨

 

ウェルスナビの利回りは年率で1.3%くらいでした。

【ウェルスナビ】30万円を2年放置した結果。運用初心者の実績を公開!

続きを見る

 

比べてクラウドバンクは5%超え!

現在のところ、いちばん優秀なサービスでした。

(もしかしたら仮想通貨の方が利益出てるかもですが、浮き沈みが激しいので除外)

 

クラウドバンクのデメリット

成績優秀なクラウドバンクですが、ひとつ面倒なところがあります。

それは、投資中のファンドが満期になって終了するたびに次のファンドに投資しないと資産が遊んでしまうことです。

 

クラウドバンクでは短期の案件が多いので、すぐ満期になって貸したお金が返ってきます。

ファンドの期間は6~12ヵ月とかが多く、最短では3ヵ月とかもあります。

 

貸しても、すぐに戻ってきます。

 

上画像の黄色線の部分は「出資払戻金」で満期になって(それより早く帰ってくることもある)返ってきた投資金です。

 

確実に戻ってくること自体は喜ばしいのですが、その資金を再度べつのファンドに投資しないと機会損失になってしまいます。

 

ぼくは何度も再投資することを忘れていて、けっこう無駄にしてしまった期間があります。反省。

いわみ
Googleカレンダーなどでリマインダー設定をしておくと忘れないのでオススメです

 

少額・分散投資なら、クラウドバンクはオススメ!

 

「これから何か資産運用してみたい」という方にもクラウドバンクはオススメです。

1万円から運用できるので、銀行に預けっぱなしになっているお金があったら試しに始めてみるといいと思います。

おこづかいを貯めて積み立てしていくスタイルもいいでしょう。

融資期間が最短で3ヵ月と短い案件が多いので、そこも安心ですね。

 

>>クラウドバンクに登録してみる

 

あと、投資を始めると世の中の現象に興味が出てくるのでニュースとかを見るのが楽しくなります。

一石二鳥ですね。

 

おわります。

クラウドバンク 口座開設プロモーション

-お金

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.