ポエム

「感情の劣化」について

投稿日:2018-06-28 更新日:

いわみ(@iwamishinji)です。

 

Noteで、Taejunさんという人が書いた「感情を自分の言葉で語れない人」という記事を読みました。

ご友人が亡くなられたときにSNSに判で押したようなコメントばかりが寄せられて「人々の感情が劣化してきている」と感じた、という短いコラムです。

いろいろ考えされられる良い記事でした。

 

自分にも思い当たること

 

感情を言葉にして表現するのが苦手。それ以前に「自分がどう感じているのか」を把握できていない。

コラムに書かれているのと近いことをぼくもずっと感じていて、読んだとき「そうだ、俺が思っていたのはこういうことだったんだ」と、気持ちを代弁してもらったような気がしました。

 

感情の劣化とは

 

「感情の劣化」について。

 

前回「考えを言語化する習慣をつけておくとブログ書きに役立つ」みたいなことを書きました。

 

参照:思考を言語化する習慣をつける方法。

 

現代人は気持ちを表現する場面が減り、自分の「かすかな心の揺れ」を無視してしまいがち。

自分がいま喜んでいるのか、それとも怒っているのか、または悲しんでいるのか。

それさえ分からない。

何も感じていないのは「感情にフタをしている」状態かもしれません。

 

本当は何か感じているはずなのに、それが自分で分からない。

年齢を重ねると強まる傾向があるかもしれない。

 

フタをし続けて何を感じているかわからなくなり、例えば美しい景色を目にしたとしても、「感情を表すコトバが自分の中に見つからない」状態に陥ります。

 

そうすると会話をするにも文章を書くにも困ってしまう。

そういう人はけっこう多い気がします。

 

感情そのものが鈍化している

 

文章を書こうとしても言葉が出てこないとき、自分の語彙が足りないせいだと思い込んでいました。

 

でもそうじゃなかった。

 

原因は「語彙の少なさ」ではなかったのです。

 

感情そのものが鈍くなっているから、自分がいま何を感じているのか自分でわからない。

 

もし語彙が原因なら、適切なコトバが見つからないことにイラつきながら、でも何とか感じていることを表現して人に伝えようとするはずです。

 

でも最近では、伝えようとさえしない人が多いように思えます。ぼくも含めて。

 

繰り返しですが、語彙が足りないから感情が表現できないのではなく、「感情そのものが劣化してきている」と感じるのです。

 

心が古くなった餅みたいにカチカチになってきているんじゃないでしょうか?

 

空気の抜けたボールのように弾力がなくなって、押しても戻ってこなくなってきているんじゃないでしょうか?

 

 

なぜ感情が劣化してきているのか?

 

 

もし本当に「人々の感情が劣化してきている」のだとしたら、理由はなんでしょう?

 

ネットばかりみているから? 生活が便利になりすぎたから?

 

それもあるでしょう。

 

でもいちばん大きな要因は、スキマの時間がなくなったからだとぼくは思います。

 

SNSの世界に没入していると、1人でいても孤独ではない感覚を得ることができるし、それ自体は素晴らしい側面です。

 

でも人が自分の感情を育てるのは「本当にひとりの時間」ではないでしょうか。

 

物理的にも精神的にも1人の状態で、自分と向き合って内面を見つめたり過去を検証したりする。

 

そのときに語彙は邪魔にさえなります。見知らぬ他人の言葉で埋め尽くされたされたネットの画面も同じです。

 

 

本を読むだけでは感情は豊かにならない

 

「本を読めば感情豊かな人間になる」といいます。たくさんの美しいコトバにふれると、読む人の心を磨いてくれると。

 

間違いではないと思うのですが、それなら現代の人は本さえ読めば豊かな感情を持つことができるようになるんでしょうか?

 

ぼくはならないと思います。

 

たぶん読書より大事なことがあります。

 

感情を育てるのに必要なこと

 

静かな時間です。

 

自分の心だけに向き合える時間。「自分の時間」とは違います。

何もしない時間。1人きりである必要はありません。

「暇」と言い換えてもいいかもしれません。

「静かな時間」が、現代人には圧倒的に足りていない。

 

昔は貧しくても(むしろ貧しいほど)暇がありました。

 

今は逆です。貧しい人には暇がないのです。

 

何もすることがない「静かな時間」を手に入れることが何より難しくなっています。暇な時間は「ぜいたく品」なのです。

 

まとめ

 

  • 年齢を重ねると自分の心のかすかな動きに無頓着になってくる
  • そうすると感情を表現できなくなる
  • 原因は語彙じゃなくて感情の劣化だった
  • 大きな原因はスキマ時間がなくなったこと
  • 「本当にひとりの時間」が感情を育てる
  • 読書だけでは心は豊かにならない
  • 昔の人には静かな時間がたくさんあったが今はない
  • 現代では貧しい人ほど時間がない

 

日常生活の時間を少しだけでも「静かな時間」にすることはできないのでしょうか?

 

くしゃくしゃに丸めた紙をのばしてきれいな部分をとっておくみたいに。

 

できなくはなさそうです。もう少しぼくなりに考えてみようと思います。

 

終わります。

 

続きの記事:感情の劣化についての再考察。現代人の宿命なのか?

関連記事:子どもに「自分自身の嫌なところ」を見つけたとき、親はどうすればいいか

よく読まれている人気記事

平和主義的 意見の弱さ 1

いわみ(@iwamishinji)です。 先日「脱社畜サロン」界隈で炎上騒ぎがありました。(主にTwitter上) 細かい経緯については、他にもたくさんの方が書かれているので、ここでは触れません。 興 ...

FIREムーブメント 2

最近「FIREムーブメント」という言葉をよく目にするようになりました。(一部の界隈だけかもしれませんが) FIREって「クビになる」だっけ? それとも「火事」? どうやら両方とも違うようです。 調べて ...

人生の優先順位 3

いわみ(@iwamishinji)です。 プロブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)の「ブログはオワコン」発言が議論を呼んでいますね。 ブログでも書きました。もう終わりつつあるんですよねぇ。 ...

【分かりやすい解説】16パーソナリティー性格診断テスト(MBTI)って何? 4

「16パーソナリティー性格診断テスト」をご存知ですか? ネット上で無料・登録なしで簡単に受けられる性格分類テストで「ゾッとするほど当たる」と評判です。 最近知って試してみたんですが、ホントに当たってま ...

開設6ヶ月目でPV20!それでもぼくがブログを続けられている理由。 5

ブログを半年書いた結果、1日のPVが20くらいしかないのに、なぜぼくがブログを更新し続けられるのか?を書いた記事です。 現在までのページビューや記事の数も公開して、当時と比べてどのくらい変わったのか、 ...

-ポエム

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.