自分をさらけ出す!

ライフスタイル

脳のメモリー開放!「自分をさらけ出す」にはどうすればいい?メリットや方法。

投稿日:2018-08-09 更新日:

 

いわみ(@iwamishinji)です。

 

最近よく「自分をさらけ出す」という言葉を読んだり聞いたりしている気がします。

 

「あいつはさらけ出して生きているから人に好かれるよね」

とか

「やっぱり自分をさらけ出している人は最強」

 

なんてふうに。

 

ふーん、そうか。自分をさらけ出すと強いのか。なんて流していましたが、よく考えてみたら「さらけ出す」ってそもそもどういうことでしょうね?

 

自分をさらけ出すとは?

 

文字通りの意味は、

隠すとところなく、全部見せる。「曝け出す」と書く。「さらけ」は「曝ける」の語幹で、「晒す」とは異なる。(weblio辞典)

ちなみに類義語には、見せつける(見えるように可視化する、または明らかにする)、むき出す(覆いを取り除いて開示して見えるようにする)、などがあります。(weblio類義語辞典)

 

どんな状態?

 

簡潔にいうと「隠し事をしない」ってことですね。都合の悪いところもすべて見せる。

 

嘘をつかないという意味では、「正直者」とも近いですね。

 

例えば

  • 多額の借金があることを包み隠さずに言う
  • LGBT(性的マイノリティ)であることを公表する

などですかね。

 

もともと隠しごとがない、というよりも「今までは隠していたけれど、何かを機にそれをみんなに言っていく」ほうがより近い意味です。

 

「自分をさらけ出す」メリットは?

 

生きることが楽になる、らしい。ぼくはまだその状態ではないので実体験ではないです。

 

隠していたことをさらけ出せば、もう隠さなくていいから気持ちが軽くなる。

 

「隠す」ことは割と脳のメモリーを食う作業なんですね。

 

隠し事がなくなると「無駄にメモリーを消費するアプリを削除して空き容量がふえる」みたいなイメージ。

人間関係が楽になる

 

思っていることを遠慮せずに言っていると、それを嫌う人もいるけど、逆に安心してあなたに好感を持ってくれる人も増えると思います。

 

グレーゾーンの友達がいなくなって、好き嫌いがはっきりするということです。

 

それによって距離が縮まったり、応援されやすい人になることもあるかもしれませんね。

 

「さらけ出さない」デメリット

 

「自分をさらけ出すと嫌われる」と思っている人が多そうですが、実は逆だったりします。

 

「さらけ出していない人」は思っていることを遠慮して言わない人。

人当たりはいいけれど「本心では何を考えているのかわからないやつ」と警戒されがちです。

警戒までいかなくても心的距離はできるでしょう(それが悪いとはぼくは思わないですが

 

八方美人は誰にも本気では好かれないように、「さらけ出していない」人は表面上だけの人間関係になりがちです。

 

繰り返しになりますが、ぼくは「表面的な人間関係」が悪いことだとは思っていません。

 

知り合う人全員と深い関係になるなんて疲れちゃいますから。

 

どうでもいい関係の人とは表面的な付き合いだけして、少数の自分のまわりにいつもいる人たちにだけ正直であればいいと思います。

 

どうすればさらけ出せるか?

 

自分のなかの何でもいいから「隠していたこと」をいうことから始まります。

 

「私には何か隠し事なんてあるかしら?」という人もどうか探してみてください。きっと何かありますから。

 

大したことじゃなくてもいいと思います。

 

例えばぼくなら「中2のときに学校でうんこをもらした」とか、

 

「妻と出会うまで女性と付き合ったことがなかった」とか。

 

そんな下世話なことじゃなくても、

 

人の役に立つことに意味が見いだせない」とか

 

「つまらない会社勤めをやめて自分の力量で生計を立てていきたい」でもいいんです。

 

関連記事:「人の役に立つ」視点が欠如した人間がしてみるといいこと。

関連記事:ぼくが会社員をやめようと思っている理由

 

誰にいうか、どんな方法でいうか

 

身近な人に直接、ではなくてもいいと思います。

 

あなたにとってハードルが低い方法で「さらけ出せば」いいんです。

 

それこそブログに書くとかね。

 

それが嫌なら「匿名のTwitterアカウントをつくってさらけ出してみる」でもそれなりに効果はあると思います。

 

もしかしたら同じ隠し事をしていた人が共感してくれるかもしれません。

 

まとめ

 

  • 「さらけ出す」そもそもの意味は「隠すところなく全部見せる」で、自分の弱点や都合の悪いところを包み隠さず言うこと
  • 「隠すことをやめる」と気持ちが軽くなって楽になれる。「脳のメモリーを無駄に食っていたアプリを削除する」イメージ
  • 思っていることをズバズバいう人は好き嫌いがハッキリ分かれるので、グレーゾーンの友達がいなくなる
  • 「さらけ出さないデメリット」は相手に警戒されること、人間関係が表面的になりがちなこと
  • 「自分をさらけ出す方法」はカミングアウトすること。小さな隠し事でもいいし、匿名でネットに書き込んでもいい

 

以上、「自分をさらけ出すこと」について考えてみました。

 

書きながら思ったのは、さらけ出すことのいちばんの利点は「脳のメモリー開放」(余計なところにエネルギーを使わなくなる)かなと思ったりしました。

 

これを読んだ人が少しでも自分の人生が楽しいものになっていけば嬉しいです。

 

おわります。

 

関連記事:【経験談】会社をやめるときに実家に戻ってよかったこと。メリットとデメリット

 

よく読まれている人気記事

平和主義的 意見の弱さ 1

いわみ(@iwamishinji)です。 先日「脱社畜サロン」界隈で炎上騒ぎがありました。(主にTwitter上) 細かい経緯については、他にもたくさんの方が書かれているので、ここでは触れません。 興 ...

FIREムーブメント 2

最近「FIREムーブメント」という言葉をよく目にするようになりました。(一部の界隈だけかもしれませんが) FIREって「クビになる」だっけ? それとも「火事」? どうやら両方とも違うようです。 調べて ...

人生の優先順位 3

いわみ(@iwamishinji)です。 プロブロガーのイケダハヤトさん(@IHayato)の「ブログはオワコン」発言が議論を呼んでいますね。 ブログでも書きました。もう終わりつつあるんですよねぇ。 ...

【分かりやすい解説】16パーソナリティー性格診断テスト(MBTI)って何? 4

「16パーソナリティー性格診断テスト」をご存知ですか? ネット上で無料・登録なしで簡単に受けられる性格分類テストで「ゾッとするほど当たる」と評判です。 最近知って試してみたんですが、ホントに当たってま ...

開設6ヶ月目でPV20!それでもぼくがブログを続けられている理由。 5

ブログを半年書いた結果、1日のPVが20くらいしかないのに、なぜぼくがブログを更新し続けられるのか?を書いた記事です。 現在までのページビューや記事の数も公開して、当時と比べてどのくらい変わったのか、 ...

-ライフスタイル

Copyright© イワミブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.