特別な能力はないけど、フリーランスになりたい

いわろぐ

ブログについて

ツイッター見てるだけのロム専から、ぼくが発信者になった方法

投稿日:2018-11-03 更新日:

どうしたらROM専(見てるだけの人)から「発信者」になれる?

この記事が役立ちそうな人

  • TwitterやFacebookを見ているのは楽しいけど、自分で投稿するのはちょっと気が引ける
  • 本音を言えば「意見をどんどん発信できたら楽しそう」とも思う。だけど…
  • やっぱり抵抗がある
  • でも本当は発信したい

そんな人に向けて書いてます。

(2年前の自分です)

日本人はロム専が多い?

インターネットが欠かせないインフラとなった現代。

TwitterやFacebookなどのSNSを何もやっていない人はほとんどいません。

でも、アカウントは持っていても他人の投稿を見るだけで発信しない人、いわゆる「ROM専(ロム専)」が日本は多いそうです。

 

参考:SNSにて読むだけで書き込まない「ROM専」が多いワケとは(NEVERまとめ)

ROM専(ロム専)とは?

ロムセン。「Read Only Member」(リードオンリーメンバー)の略。
SNSなどを見ているだけで、書き込まない人のこと。「ロムる」や「ROMってる」のように活用する

日本人はROM専の割合が高いという記事。特に若い女性に多いとか。

参考: 若い女性に多い「SNS見る専クラスタ」 ツイッターで5割、「発信する情報はない」という声も(キャリコネニュース)

本当は発信したい。でも…

本当は発信したい…でも

みんな私の話を聞いてくれる?

本当は発信したいけど、「なんだか恥ずかしい」とか「うまく表現できないから」という理由で、ROM専というポジションを選んでいる人もいると思います。

「もう少し勉強して、表現がうまくなってから発信しようと思っている」という人もいるかもしれません。(少し前のぼくがそうでした)

しかし、それだと「一生発信せずに」終わってしまう可能性が高いです。

今のぼくはTwitterでほぼ毎日投稿しているし、ブログも書いています。アクセス数やフォロワーはまだ少ないですが、自分が毎日成長していると実感しています。

自分の意見を日常的に言語化することで自己理解が深まっていく感触があり、今では発信するのが楽しいです。

関連記事
「半年ROMれ」どころか、10年以上ロムって分かったことは?

続きを見る

ぼくがROM専から発信者になった5つのステップ

今日は何を発信しようかな?

何を発信しようかな?

「ぼくがどうやってROM専から脱却したのか」をお伝えします。

なるべく負荷の少ない「ステップ方式」で発信していきました。

上記にリンクしたこの記事に書いたように、ぼくは11年もROM専生活をしてきました。

今までずっとROM専だった人が、いきなりブログもTwitterもガンガン発信していく、というのは無理があると思います。

早晩燃え尽きてしまう可能性が高いと思います。

それよりは、無理なく少しずつ発信量を増やしていく方が長続きできます。

ぼくが採用したのは「5段階ステップ」です。

この方法なら、あまり負荷をかけずに発信慣れしていくことができると思います。

具体的には

step
1
リツイート・いいねを積極的にしていく

step
2
引用リツイートで意見を表明

step
3
気になったツイートにリプライしてみる

step
4
単独ツイートを増やす

step
5
ブログを書く

ひとつずつ説明していきます。




① リツイート・いいねを積極的にしていく

Twitterでアカウントをつくって好きな人や共感できる人をフォローしたら、タイムラインにツイートが流れてきます。

「これは共感できる」というものや感心したものに「リツイート」や「いいね」をするだけです。

気になったニュースを共有するだけでもOKです。

コメントはなくても構いません。とりあえず無言でリツイート・いいねをする。

無言リツイートが相手に何て思われるか気になる?

反応してもらって嫌な人はいない(と思う)ので気にしないで積極的にポチりましょう。

これが第一段階。

引用リツイートで意見を表明

次に、気になったニュースや共感したつぶやきに、感想をつけてリツイートしてみます。

むずかしく考えなくても「すごい!」とか、「面白かった!」だけでもいいです。

慣れてきたらなるべく詳細に書いてみましょう。140文字の制限があるので「言いたいことだけを濃縮して詰め込む」のを意識してみるといいと思います。

この際も「人につまらない意見と思われないかな?」みたいな意識は極力排除していきましょう。

99%の場合、それは自意識過剰です。

一瞬で通り過ぎていくタイムラインで、「なんだよこの意見は」と思わせることができたら、逆に大したものです。

みんなそれを狙ってツイートしています。

初心者の投稿は目の端にも止まらないことが多いので、気にせずガンガンいきましょう。

気になったツイートにリプライしてみる

続いての段階は「リプライ」です。

機能的に「リツイート」と似ていますが、リプライは「特定の人に宛てたメッセージ」という意味があります。

なので、リプライの場合は敬語を使うなど相手に読まれることを意識して投稿してみてください。(にも関わらずスルーされて当たり前、くらいの気持ちでいれば無視されても傷つきません)

リプライの良いところは、自分をフォローしていない人の目に触れさせることができることです。

何万人もフォロワーがいる人や、バズっている(多くの人に拡散されている)ツイートにリプライすれば、ふだん経験したことのないインプレッション(露出回数)を確認できるはずです。

そこで共感を得るツイートをしたら、あなたの投稿にもたくさんの反応が来るかもしれません。

単独ツイート

そうしたら今度はいよいよ「単独ツイート」をしてみましょう。

内容は何だっていいです。さっき食べたご飯のことでも、ムカつく上司のことでもいいです。

「あなたの気持ちをあなたの言葉で」発信してみましょう。

よく「フォロワーを増やしたいなら日記のような発信はダメ。有益なことをツイートしましょう」という”教え”があります。

その主張は間違っていませんが、「中級者向け」な気がします。

初心者はまず、発信に慣れることから始めた方がいいと思います。

言い方を変えれば、「心のブロックを外す」ことです。

自分のしょうもない意見なんて発信していいんだろうか?という「謎の思い込み」を解消するのが第一歩になるでしょう。

最終段階 ブログを書く

単独ツイートに慣れてきたら、いよいよ最後の段階。ブログを書きましょう。

内容はなんだっていいです。日記でもポエムでもOK。

何度も言いますが、「有益な情報発信」を求められるのは中級者以上です。

もしあなたが初心者であるなら、発信の質は度外視して構いません。

まずは書くこと。すべてはそれからです。

関連記事:

文章を書くこと
ブログはまず日記を書け! ぼくが主張する理由。

続きを見る

まとめ

発信は楽しい!

これであなたも「発信者」です!

いかがでしたか?

ROM専(見てるだけ)の人が発信を始める方法として、

  1. ただのリツイート・いいねをする
  2. 引用リツイートをする
  3. リプライ
  4. 単独ツイート
  5. ブログを書く

という順番でやってみると無理なく発信できるはずです。

そのうち発信するのが楽しくなってくると思います。

関連記事
ツイッターなどのSNSで「足跡」を気にするROM専の心理。

続きを見る

-ブログについて

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.