ブログ運営

開設から2年。ブログは稼げるのか?【実績データ公開】

投稿日:

当ブログ「いわろぐ」も開設から2年が経ちました。

振り返りとして、

  • これまでの方向性
  • アクセス数の推移
  • 収益の推移
  • 振り返り(変わったこと、時給に換算すると?)
  • 今後の方向性

などを書いていきます。

これまでのブログ運営の方向性

2年前にブログを始めるまで、ぼくは正真正銘発信の素人でした。

10年以上前に、いわゆるネット日記みたいのをごくごく身内向けに書いていたのを除けば、ネット上に何かを書いたこともありませんでした。

Twitterどころか、Facebookもmixiミクシィもやっていない、いわゆる「ROM専」ですね。

どうしたらROM専(見てるだけの人)から「発信者」になれる?
ツイッターROM専(見るだけ)10年!⇒ ブログ100記事までのリハビリ方法。

続きを見る

完全に独学、試行錯誤を繰り返しながらブログを覚えていきました。

「最初は成功している人のやり方を真似しながら、徐々に独自性を出していく」と言いますが、ぼくにはそれができなかったので、ひたすら独学でゴリゴリ文章を書いていきました。(そのやり方には、結果的にいい部分と良くない部分がありました)

 

2年で200記事

今までこのブログに書いた記事数は200。(現在は非公開記事も含め)

最初の1年で120~130、2年目から更新頻度が減りました。(1記事あたりのボリュームが増えたせいもあります)

2020年5月、古い記事を一掃したので現在公開されているのは60記事くらい。 (低クオリティ記事が多いとGoogleからの評価が下がるため)

 

アクセス数

閲覧数の合計が、6月に20万回を超えました。

2年で20万PVというのは、遅い方だと思います。

月々のアクセス数については、以前の節目のときにも書いているので、直近1年(2年目)の数字だけを紹介します。

【ブログ開設1年】PVと収益まとめ。2年目の課題&目標

続きを見る

 

PV推移

2019年
6月 10,480PV
7月 13,280
8月 11,680
9月 12,900
10月 9,560
11月 10,260
12月 15,400
1月 18,800
2月 18,350
3月 20,940
4月 30,060
5月 20,570

緩やかながら順調にアクセス数は伸び、4月は目標だった「月間3万PV」にも到達します。

しかし、5月にあったGoogleアルゴリズムの変更(いわゆるコアアップデート)によってガクッと落ちました。

しかしその後は持ち直し、5月の総PV数は3月とほぼ同じでした。

2020年4月がバブルだったと捉えれば、平行線よりちょっと上向きくらいの感じで上がっています。

6月はちょっと下げそうですが、最近ほとんど新規記事を書いていないので、まあ妥当かな、といったところです。

 

収益の推移

収益も 1年前くらいから徐々に発生、 低水準ながら増えてきています。


2019年
9月  4,700円
10月 4,700円
11月 6,300円
12月 24,400円
2020年
1月 14,800円
2月 19,900円
3月 21,200円
4月 40,100円
5月 24,200円

 

ちなみに内訳はGoogleアドセンスとAmazonアソシエイト。

初期はアドセンスの方が多かったですが、最近はAmazonアソシエイトが逆転してします。

 

※サブブログ(音声メディア関連のミニブログ)も書いていまして、そちらも合わせた収益です

 

ブログに費やした時間

 

今までどれくらいの時間をブログに費やしたのかをざっくり計算してみます。

 

1記事を完成させるまでの時間を2時間とします。(アイディアから構成、本文執筆から画像の選定まで、ブログ作業のすべてを含める)

記事ごとにかなりバラつきはありますが、平均するとだいたい2時間くらいだと思います。

 

書いた記事数は、メイン200+サブ30で230記事。

230×2=460時間となります。

 

日々のブログメンテナンス作業

記事の執筆以外にも、日々の管理もブログ運営には必要です。

アクセスデータのチェック、コメント確認、Wordpressのバックアップや、プラグインの更新を定期的に行ったり、細々とした作業。

大した時間はかかりませんが、それでも毎日10分くらいは、ブログ管理のために費やします。

2年間で毎日10分だと、約121時間。(10×365日×2÷60)

正月など休んでいる日もあるので、120時間として計算します。

 

2年間で755時間!

つまり、単純計算すると2年間でぼくがブログに費やした時間の総計は

ブログ執筆 460時間
メンテナンス 120時間

合わせて580時間ということになります。

いわみ
感覚としては1000時間くらいやっている気でいました

ちゃんと向き合っている時間としてはこんなもんかもしれないです。

 

時給換算にすると?

以上の数値を用いて、ぼくのブログを「時給換算」してみます。

合計収益:20万円
総時間:580時間
200,000÷580=344.827....

時給は約345円でした。

 

わりに合わない?

2年間ブログを書いて、時給345円。

あなたはこれをどう感じますか?
「安すぎる」
「気ままにやって稼げているなら、まあいいんじゃない」
「俺ならもっと上手くやって、時給1,000円はいける」

など、いろんな意見があると思います。

でも、ぼくの今の感想は「お金だけで考えると割に合わないかもだけど、いろいろ他に得ているものがあるので、やっててよかった」

と思っています。

 

ブログは資産になる?

一昔前までは「ブログは資産」と言われていました。

ある程度作り込めば、その後はメンテナンス不要でしばらく稼ぎ続けてくれる、という時代があったようです。

でも、今は違うというのが大方のブロガー達の意見の一致するところです。

つまり、どんなに頑張って作り上げたブログでも、新規記事を書くのを止めたりメンテナンスを怠っていれば、すぐにGoogleに見放されてたちまち収益は出なくなってしまう。

あまり資産性はなくなってきたと、2年運営してみて、ぼくも感じています。

 

放置しても稼げるのは1年?

例えば、ぼくの「いわろぐ」の場合で考えてみます。

極端な例として、今日この時点からぼくがブログを完全に放置するとしますよね。(例えば事故に会ってしまうとかで)

その場合、月々の収益はどう推移するか?どこまで持続できるか?と考えてみます。

あくまで推測になりますが、おそらく完全に放置したままでも、あと1年間くらいは徐々に落としながらも、収益をあげてくれるような印象はあります。(あくまで推測です。同じ条件で比べることは不可能なので)

つまり、何もしなくてもあと10万円くらいは稼げそうな気がします。

 

低賃金だとしても

今現在で、ぼくのブログはトータル需給換算ではかなりの薄給だと判明しました。

だんだんコツがつかめてきたので、このまま続ければ同じ時間で得られる収益は増えていくと思います。

 

ただ、それだけではなく、たとえそれほど稼げないとしてブログを2年継続したことは無駄ではないと思います。(負け惜しみとかじゃなく)

しかし、もし仮にあと2年やり続けても毎月の収益が2万円だったとしても、ぼくはブログ(もしくは発信活動)をやめないと思います。

理由は

・文章力は他のビジネスでも活きる
・(微収益でも)ブログ運営を継続していること自体に宣伝効果(大げさに言うとブランド力みたいな)が付いてくる
・かけている時間が会社員の労働とは質が違う(完全に自発的にやっている)

■「文章が書ける」ことの強さ

■ブログ運営を継続していること自体の価値みたいなもの

■費やしている時間の質

ここがいちばんのポイントです。

 

ブログを書くのは、完全に自発的な作業です。

書き方も内容も、100%ぼくの責任で進めることができます。

それと比べると、会社員の仕事やアルバイトは「誰かに命令されてする仕事」です。

同じ1時間でも、このふたつの時間はぜんぜん違います。

 

ぼくにとっては、ぜんぶ自分で決められることは、ストレスを感じません。

(そのぶん大変なことはもちろんありますが)

追記:月の収益をいくらにすれば、時給1,000円になる?

 

続きは後ほど書きます。

いったんここまで。

お読みいただきありがとうございます。

 

Radioでも喋りました。

 

-ブログ運営

Copyright© いわろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.