「10年後の自由な生活基盤」のためにできること。

いわろぐ

アレクサ

【車でアレクサ】意外に便利。Echo Auto 日本に早く来い!

投稿日:2019-08-16 更新日:

最近の子育てはすっかりアレクサに頼っているいわみ(@iwamishinji)です。

 

いわみ
アレクサ無しではやっていけなくなりそうです

ふと。

 

いつも家で使っているスマートスピーカー「Amazon Echo」が車内で使えたら便利だな思ったのです。

 

家事や子育てをしていると手がふさがってしまうことが多いです。

 

ポイント

音楽再生

ニュースの読み上げ

天気予報を聞く

暇つぶし(ゲームとか)

 

これらを「声だけで操作」できるスマートスピーカーは、運転中にこそ真価を発揮するはず!

  

仕事で車に乗っている時間が長いので、車内で使えるデバイスを増やしておきたいという個人的な事情もあります。

 

試してみたら、「車でアレクサ」かなり快適に使えたので、設置に必要なモノや注意点をまとめました!

 

車でアレクサ使えます!

 

というわけで早速搭載してみました!

 

ちょっと写真が分かりにくいですが、ひじ掛けの上に Amazon Echo Spot を置いてあります。

車内でスマートスピーカーを使うのは簡単でした。

置いて、差し込むだけだからね
イノシシ君

作業時間は5分もかかっていません。

必要な品物をAmazonで買い物した時間を入れても20分くらい。思っていたよりラクでした。

 

写真は家族旅行時の仕様。

後部座席に妻と2歳息子が乗るので、車内の中央(ひじ掛けの上)に設置しました。

1人乗りの場合は、ダッシュボードの上に置くといいですね。

 

注意ポイント

※Echo Spot の販売は終了しています。

車で使うならコンパクトな Echo Dot とかいいと思います。

 

必要なもの

車内でスマートスピーカーを使うために必要なものは2つあります。

最低限必要なもの

電源

Wi-Fiなどのネット環境

 

この2つがないと起動しません。

 

他にも、固定する器具や振動で落下を防止するための滑り止めシートなどがあればいいと思います。

こんなヤツですね。

 

ともかく、 アレクサ(Amazon Echo)を起動させるのに最低限必要なのは、電源ネット環境です。

 

給電は家庭用コンセント!

Amazon Echoの現在発売しているシリーズには、Micro USB(スマホの充電と同じプラグ)で給電できるタイプはありません

(2019年現在。Google HomeやAppleもなさそうです)

Echo Dot 第2世代はMicro USB給電タイプでしたが、こちらは販売が終了してます。

ということは、コンセントからの給電オンリーということになります。

最初から家庭用のコンセントが装備されている車なら問題ナシですが、

ない場合はシガーソケットから変換する「インバーター」という機械が必要になります。

(シガーソケットは、車に付いている電気供給用の丸いソケットのこと)

今回使ったのはコレ。

付属のソケットを車のシガーソケットに差し込めば、家庭用コンセントが1口、USB電源が2口使えるようになります。

「シガーソケット  コンセント」で検索すると色々出てきます。

安物だとすぐ故障しそうなので、2,000円くらいの商品を選択。

BESTEKのインバーターはサイズも小さく、シンプルなルックスも気に入りました。

(冷却用ファンの音が多少気になりますが、走行中は聞こえませんでした)

 

Amazonのベストセラー商品。

調べてみたら、Amazonでいちばん人気のあるカーインバーターはコレみたいです。

レビューを見ても評価は高いです。

値段も2,600円くらいとそんなに変わらないですね。

(BESTEK買った後で見つけました…)

 

ネット環境

もうひとつ必要なのはネット環境。

車内で使うなら、Wi-Fiデザリング(スマホをルーターのように使ってPCなどでネット接続できる方法です) が一般的です。

デザリングはスマホがあれば簡単にできますが、デメリットもあります。

デザリングのデメリット

スマホのデータ量を消費する

スマホの充電が減る

通話中は使えない

 

短時間の利用ならデザリングで問題ないですが、ドライブ中ずっとスマートスピーカーを使いたいような場合は不向きです。

 

となると、残された選択肢はWi-Fiになります。

今回はポケットWi-Fiを使うことにしました。

こういうヤツです。本体を購入してSIMカードで使う手もありますが、

日常的に使わないのであれば、レンタルすることもできます。

オススメは【WiFiレンタルどっとこむ】です。

まずなにより安い!  価格.com経由 で申し込むと1,000円くらいで最大1ヶ月間レンタルが可能です。

ぼくが借りたときはセール期間(?)で税込760円でした。

配送料と返送料が込みでこの値段は安いです!

 

FS030Wというルーターで、4GのLTE回線が5GBまで使用可能です。

家の回線と比べたら遅いですけど、アレクサを使う分にはまったく問題ありませんでした。

 

>>WiFiレンタルどっとこむでルーターをレンタルする

 

感想:車載スマートスピーカーは子連れ移動にも最適!

アレクサで赤ちゃんもご機嫌!

 

スマートスピーカーを車で使おうと思ったのは、家族旅行でした。

夏休みに海に一泊旅行したんですが、家からは片道2時間くらい。

 

息子は2歳で、移動が長時間になると退屈してグズりだします。(大人だって疲れますから)

いわみ
車にアレクサがいたら、子どもの気が紛れそうだな

と思ったのがキッカケです。

 

結果は予想通り!

 

アレクサで歌を流したり、じゃんけんしたり、まめしば呼んだり。

今までの長時間移動と比べて、ご機嫌は良かったです(何やってもグズるときはどうしようもないですが)

 

音楽をかけたり、”なぞなぞ”や”しりとり”もできるし、ピカチュウとも話せます。

ちなみにウチの息子のお気に入りは”まめしば”ちゃんです。

参考
【子育てにアレクサ】2歳児が喜ぶ、オススメスキルとプレイリスト!

続きを見る

不便な点

 

快適な「車載アレクサ」ですが、不便な点が2つあったのでメモ。

 

エンジンを切ると電源がオフになる

車から給電しているので、車のエンジンを切るとスマートスピーカーの電源も落ちます。

ちょっとコンビニやPAに寄る際エンジンを切って出ると、出発するときに再起動となるので、アレクサが使えるようになるまで少し時間がかかります。

といっても起動にかかるのは1分程度なので、そこまで気にはなりません。

 

走行中は反応しづらい

今回使用したAmazon Echo Spotもそうですが、現在のスマートスピーカーは基本的に家庭用なので、雑音に弱いです。

走行中、特に高速道路では、呼びかけの反応が悪い気がしました。

 

運転中に何度も「アレクサ!」と呼んでも反応しない場面もありました。

口を近づけてハッキリ発音すれば反応しますが、ちょっと面倒だと感じました。

 

まとめ

多少の不便さはありましたが、総合的には車にスマートスピーカーは超便利でした。

特にお子さん連れで長時間移動する場合には、かなり役立つグッズだと思います。

ウチの妻のように、小さい子どもにスマホやタブレットをあまり見せたくない場合も、スマートスピーカーなら音だけで楽しめますからね。(Spotは画面付きですがw)

 

車の移動中に子どもが退屈して困っている方には、スマートスピーカーを搭載してみることをオススメします。

  

おまけ:Echo Auto 登場!(日本は未定)

 

こんなニュースを見つけました。

車専用のアレクサが発売される予定だそうです。

 

その名も「Echo Auto」(エコー・オート)

 

通常価格は50ドルほど。5千円ちょっとは安いですね。

 

日本での発売は未定ですが、これがあればワザワザ今回のような工作をしなくても済みそうですね(笑)

「Echo Auto」の日本語対応版が待ち望まれます。

たぶんそのうち発売になると思うので、そのときは使ってみたいですね。

 

番外編:もっと広い用途で使えるカーインバーター!

 

どうせ買うなら、もっと色々使えるインバーターが欲しい
イノシシ君

という方に屋外用の電源を紹介します。

BYGD カーインバーターは 150Wからなんと1500Wまでのバリエーションがあります。

これなんかスゴイですね。

1500ワットなら電子レンジ使えそうですね。キャンプ用に良さそうです。

 

Amazonの商品画像

ちなみに、1000W以上のタイプは車のバッテリーから直接つなぐタイプしかないみたいです。さすがにシガーソケットから1000Wは取れないんですね(笑)

 

おわります。

  

-アレクサ
-,

Copyright© いわろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.